ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最高なひと時でした。

仕事をしていても勉強になるひと時でした。
鋭い視線が半端なかったです。
20180712072708f3f.jpeg

人生最高のひと時でした。
皆々様御来店いただきまして誠に
ありがとうございました。m(_ _)m

花島さん昨夜はご来店いただきまして誠にありがとうございました。

今朝は一緒に築地仕入れに行ってきました。
2018060712321335c.jpg

お土産ならびに、朝ご飯ご馳走になりまして誠にありがとうございました。m(_ _)m

元祖長浜屋ラーメンさん

福岡県福岡市中央区長浜。
大正時代までは、この辺りは海だったそうです。
昭和の初期の埋め立て以前に
那珂川河口から福崎まで続く長い砂浜があったことから、長浜という地名が付いたそうであります。
長浜ラーメンの発祥のお店、元祖長浜屋ラーメンさん。
博多ラーメンの特徴であります細麺はこちらが始められたそうであります。
福岡中央市場の前に位置するロケーションから、市場の方々がお客様のほとんどだったそうで、時間があまりない方々の為に、麺の細さを直ぐ茹でられるように、ギリギリの細さに工夫されたのが理由だったそうです。そして、替え玉を考えられたのもこちらが最初だったそうです。

Tさんにやはり福岡の博多ラーメンを紹介するなら、まあここでしょうと連れて行って下さりました。
ありがとうございました。m(_ _)m
お味は、昔京都にいた頃に食べた
三条小橋近くにありました「みよし」さんの長浜ラーメンをどことなく思い出すようなお味。うおー、豚骨くささ!(◎_◎;)
ねぎだく。これねうまかばい。って感じ。
やっぱり博多来たからには、博多ラーメンっしょー…
あんた。下手な博多弁しゃべってなんやねんと、どつかれそうでしたけど。

満足いたしました。

やはり元祖というだけあって、客に媚びないそのスタイルが、どことなく同じ空気感を感じる。あの北海道の札幌ラーメンの元祖の「味の三平」さんに似た感じで、良いなあこの雰囲気、と風格漂うオーラをどことなく感じてお店を跡にいたしました。


博多 薬院にあります 「フランス菓子16区」さん

あの世界で初めてダックワーズを世に生み出した三嶋隆夫さんのお店。
九州一と言われる洋菓子屋さん。

普段のお仕事の他に
全国洋菓子協会の会長を勤めておられてます日本のパティシエの方でも随一ご多忙を
極めてらっしゃる雲の上のような方。

今回、幸運にも三嶋さんにお会いすることができまして、色々なお話を伺いまして
70を過ぎられても、色々なことにチャレンジされるその姿勢。常に何事にもアグレッシブであられるその人間の器の大きさをただただ感じ入りました。

今迄、誰もお造りになられておられないものを作られるということは、また、その商品が本場フランスのパティシエの方々にも新たなお菓子としてその技法が拡まり、しっかりと現地で高く評価されているということ。この事がどんなに凄いことなのか。

やはり目指すべきはオンリーワンであるということ。

今回の福岡の旅で三嶋さんに逢えただけでもお釣りがくるくらいの、凄いお方でした。


福岡の皇帝と言って良い方、Oさんご丁寧にありがとうございました。

日本の中華の概念をこの先変えてくれる方。

福岡屈指の美食家のTさんのお陰で
この日は特別メニューをいただかせていただきました。

前菜をいただいて、僕の御節を少し思い出しました。色々な素材を幾十にも組み立てる手法。基礎となる火入れ、意外な組み合わせ、直ぐには理解しえないが、後から成る程と理解出来るお料理。そういう意味で
一般受けはしないが、分かる人には分かるお料理。何方かと言えば玄人好みのお料理。
僕は年に一回ですが、Oさんはほぼ毎日これをやられている。
この凄さにOさんの職人魂を感じました。

意外にひょうきんな方でびっくりいたしました。(^_^)

温故知新を地でゆく方。

お手紙までいただいてしまいまして、
Oさんのお気遣いに恐れ入ります。

何方かと言えばOさんのお料理に目が行きがちですが、
実はそれ以上にOさんの奥様の接客ぶりにも大変感銘を受けました。その動きに全く無駄がない。完璧な接客。凄い奥様だ。
お二人のスケールの大きさにただただ感服いたしました。