ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



あなたと越えたい天城越え パート5

水は化学では酸素と水素で形成されている
そうですが、元素は目には見えないもの
なので、そうなのかなぁというのが
実のところの思いではあります。

水を美味しいと思うのは、よりピュアに感じられるかという、余計な味を感ぜずに
澄んだ、その水を飲むことでより引きこまれるような感覚を覚えること。

水の種類には硬水と軟水があり、
それぞれの違いはカルシウムとマグネシウムの含有量の違いからくるとのこと。

後ほど

あなたと越えたい天城越え パート4

川端康成氏が一高時代に訪れた宿、福田屋さんを後にして次の目的地の今宵泊まることになります宿、湯ヶ島温泉にあります湯本館さんへ行くことに。


こちら湯本館さんは、川端康成氏が小説「伊豆の踊子」を執筆したお宿とのこと。
紛らわしかったのですが、先の福田屋さんは踊り子達との触れ合いを体験したところで、湯本館さんはその情景を小説として纏め上げた場所とのこと。

清流の狩野川の畔に位置するこちらの湯本館さん。自分の人生で一番美味しいと思った水に出会った場所。
忘れられない宿となりました。

川端康成氏が生前、自分の住まいのように
何度も訪れられたこのお宿。

自らも泊まってみて思いましたが、
そのお気持ちが良く分かりました。

此処にいるだけで自然と清らかな清々しい気持ちにさせてくれる
この地、湯ヶ島温泉。
忘れられない想い出となりました…

あなたと越えたい天城越え パート3

福田屋旅館さんを訪れました。
川端康成氏が一高時代に訪れた当時とほぼ
変わらぬ佇まいで。

小説「伊豆の踊子」をはじめて読んだ20歳の頃、その後にまさかこの地に訪れることになるとは思いもしませんでした。
えもいえぬ感慨深いものを感じました。

福田屋旅館さんの二階に上がらせていただきました。
多分何千人の方々が上がっただろうこのゆったりとした少し軋む階段を上がる時に、
自らの存在の立ち位置を考えてしまいました。
明治12年の創業。文化財にしてほしいくらいに、幾たびの歴史を重ねてきた凄味を
建物から感じ入ります。


川端康成氏も見ただろうお部屋の窓からの河津川の景色を見て、自らの胸の奥底から湧き出る高ぶるような感慨を、抑えるのが大変でありました。


自身初めて恋心を持つ対象として出会うことになった踊り子の一座の娘。
彼女を見つめる目は、今迄経験したことがない心激しく揺れ動くものであったに違いない。

その心情が自分の10代の頃に経験したことと思わず重なって見えて、ひどく胸が熱くなった瞬間でありました。


あなたと越えたい天城越え パート2

今回訪れることになりました伊豆。
その「伊豆」の名前の由来を調べて見ますと諸説あるようです。
 1. 温泉(湯)が「出づる」国(つまり湧泉地)であったから
 2. 海のほうに「出る」地形で、突出した半島だったところから
 3. 熱海の「井津」という地名から(「井」は湧水地、「津」は船着き場の意味と考えられる)
・・・などが挙げられるそうであります。
奈良時代の律令によって現在の「伊豆」、つまり当て字で呼び名を再現した名称へ変化したと考えられているそうであります。

また今旅のメイン、天城地方。
所謂、天城山周辺を指す地域についても調べて見ました。
天城山(あまぎさん)は、静岡県の伊豆半島中央部の東西に広がる山だそうです。
天城山は連山の総称だそうで、天城連山や天城山脈と称されることもあり、日本百名山の一つに挙げられております。
伊豆半島最高峰の万三郎岳 1,406m、万二郎岳 1,299m、遠笠山1,197m等の山々から構成されていて、東西の山稜部は富士箱根伊豆国立公園に指定されているそうです。

また天城の名前の由来を調べて見ますと、
天城山は古来から多雨地帯であるそうでして、「雨木」という語が由来であるとする説があるようです。また、 葉に多くの糖分が含まれているアマギアマチャ(天城甘茶)という、ヤマアジサイに近い種類の植物があり、日本国内にはこの葉を乾燥して甘茶をつくり薬用や仏事に用いる風習が残る地方があり、そのアマギアマチャが伊豆の山地に多く自生しており、かつて天城山周辺の住民にも同様の風習があったために天城山の名になったという説があるそうであります。

川端康成氏。
鎌倉幕府三代執権の北条泰時氏を始に持つ川端家。
名家に生まれた川端康成氏は川端家31代目の当主であったそうであります。
しかしその名家に生まれた川端康成氏でありましたが、その少年時代は
は波乱万丈を字で行くがごとく、その物すごすぎる運命に驚かされました。


大阪市北区の開業医の家に生まれるも、3歳の時に両親が相次いで結核に罹り、
この世を去られ、その後父方の祖父母に育てられるも祖父母も15,6歳頃には
相次いで亡くらられ、唯一の兄妹であった川端氏の姉も同じ時期に心臓の病で
この世を去られ、16歳にして、孤独の身になられれてしまったそうでございます。

祖父母が残してくれた小さな家を売り、それを元手に猛勉強をして
なんとか一高(東京大学教養学部の前身)に進み、その後の人生を切り開かれた 川端康成氏。
氏が書いた過去の書物を通して、僕自身寂寥をというものを何となく全体から受けるトーンとして
感じておりました。
今回、氏が一高時代に訪れた天城湯ヶ島を巡ることにより、何が自分の中に植え付けられることに
なるのか、色々感じていければなと思う次第でございます。



新シリーズ あなたと越えたい天城越え

川端康成氏が書いた伊豆の踊り子を読んだのは、確か自分が大学3年の夏休みの頃で、その当時、時給がかなり良かったとある鉄工所でバイトをしていました。1時間のお昼休みに会社から支給される毎日350円のあまり美味しくない弁当を決まって15分で食べたあと、残りの45分で文庫本を読むのが唯一の楽しみであった。


もうかれこれ2年
近くカラオケとか行ってはおりませんが、自分が一番好きだなぁと思う歌は
村下孝蔵さんの「踊り子」であります。

今回、東京駅から踊り子号に乗るのは、何年ぶりになるであろうか?随分前のことなので忘れてしまいましたが、車窓からの眺め、移ろう時間も含めて好きな列車に乗るのは、実にワクワクするものがございました。


大船駅名物の鯵の押し寿司。
しっかり目に締めた鯵の味わいも
これはこれで鯵わい深いものだと。

熱海駅から伊豆急行に乗り換えて
河津駅に到着。

河津名物の河津桜には一足遅くて、駅構内のポスターでしばしお花見。
いつかは見てみたい河津の桜…