ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



京小芋の季節がやってきました。


秋という季節を感じます…

奈良の白胡瓜


 昭和30年ごろまでは、奈良できゅうりといえば「半白きゅうり」のことを示すほど馴染みのあるものだったそうです。
表面に「いぼ」と呼ばれる突起があり、どこか懐かしい形状をしております。
収穫は、4月上旬から7月中旬までされるそうです。
 みずみずしさと歯切れの良さがある「半白きゅうり」は、サラダやお漬物はもちろん、皮がしっかりとしているので、中華料理の炒め物やあんかけの具材に、またおつゆ汁に入れたりしても、特有のパリッとした食感がそこなわれない。
新たな胡瓜の味覚を感じさせてくれます。

今年初めてのたけのこ


春がそこまで来ているのでしょうか…

万願寺とうがらし

京都市丹後地方
西舞鶴市にあります
天台宗のお寺
満願寺。

このお寺がある地域で古くから
栽培されている大きな獅子唐がございます。

万願寺獅子唐

伏見で作られている獅子唐と
アメリカカリフォルニアで作られている獅子唐との掛け合わせにより出来た甘いとうがらしなんだそうです。
これをだしで薄く煮ますと、とても奥行きのあるお味になります。


宇宙いも

宇宙芋。
その奇妙な名前に惹かれて
思わず購入してみる。
taneimo.jpg
別名、エアポテト。
山芋のつる、いわゆるむかごの一種で
この芋の原産地は熱帯アジア・フィリッピンで、ヤマイモ科に属するようです。
写真 4
素揚げにすると美味しいとのことで、
油でそのまま揚げてみますと、長芋や大和イモを揚げた時に感じる
味わいに似ておりますね。

素朴なお味がなんとも秋を感じます。