ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



今年個人的に一番感動したお店

今年一年色々なお店に伺わせていただきましたが、中でも一番感動したお店は
こちらだったでしょうか。

今年のお正月に四国の
松山にお伺いした時に訪れた
大街道にありました喫茶店フレンドさん。

70をゆうに越えているだろうお歳で日々の
営業をされている人情味溢れる老夫妻様。
お二人が仲良くされているお仕事ぶりにも心奪われましたが、ご主人の作る渾身の鍋焼きうどんが実に美味しかったです。甘い味付けながらも心震えるくらいの揺さぶられる美味しさ。ご主人さんの熱いハートが胸にグサッと刺さりました。

松山の人たちの優しさが素晴らしかったです。

ご夫妻様どうかいつまでもお元気で…


Tさんご結婚おめでとうございました。

昨夜お見えになられた御常連のTさんが、
初めてお見かけする素敵な女性の方とお見えになられました。
それを見て、Tさん,確か独身だったし、彼女なのかなぁ?と僕も最初思ったのですが、
お二人が席に座るやいなや、唐突にTさんが
「御主人、僕、今日結婚したんです。」
「え?マジっすか?」
「彼女、妻です」と…。
ご紹介していただきました。
まさに、びっくり仰天の出来事でした。
「Tさん.今日って?」
「今日、役所に籍を届けたんですよ」。
「はぁぁぁぁぁぁぁ、すげぇ」
後で奥様から、今日は私の誕生日だったんですと。
「はぁ、そういう訳ですか…」
そんな大変貴重な時にお見えになっていただいたのですか。
それを聞いて僕も身が引き締まる思いでございました。
Tさん良かったですね、素敵な奥様と出会えて…。
何か久しぶりに良いお話を聞かせていただきました。
Tさん、奥様、昨夜はご来店いただきまして誠にありがとうございました。
どうか末長くお幸せに。

本年の営業も無事に終了することが出来ました。

本年の営業も多大なる皆々様のお蔭を持ちまして無事に終了することが出来ました。
ここに厚く御礼を申し上げる次第でございます。
明日からは、ってもう今日からはおせちモードに入りますが、今年も魂を込めて最後まで頑張って行けたらなと思います。
結構プレッシャー感じております。

本年の営業の最後のお客様はK様ご夫妻様でございました。
K様、ご予約いただきましたのはなんと半年前の6月。いつのことかと思っておりましたが、あっという間に本日を迎えました。
半年もかけてご予約いただく程の店ではございませんですが、クリスマスに奥様に美味しいものを食べさせたいというお気持ちに、熱いものを感じいった次第でございます。雨の降るお寒い中ご来店いただきまして誠にありがとうございました。

明日からはいよいよ戦闘モード。
正直不安な気持ちの方が大きいですが、なんとか皆様に喜んでいただけますよう
無事に元旦を迎えられたらなと思う次第でございます。
とりあえず営業終了、お疲れ様です。

京都での修行時代、かなりお世話になりました大先輩でございました。
「鬼の花島」。(苦笑)
今ではその時の懐かしさで笑みさえ出ますが、、修行時代は、その恐ろしいまでの厳しさで、怖い先輩でありました。
でも今の自分がこうして仕事ができるのもあの時に花島さんに厳しく鍛えていただいたことが礎になって居ますので、
ただ感謝という気持ちしかございません。



2週間ぐらい前に、常の如く築地に仕入れに行って、場内を歩いておりましたら、驚くべきことが。
京都にいるはずの花島さんとばったり!
えっ?何でここにいるんだ?
花島さんもまたびっくり(笑)。
おお!健ちゃんやないか!
花島さん、どうしてここに?
かくかくしかじか、と。
なるほど、そうだったのですか、それは大変でしたですね。
京都に戻る前に築地探訪でこられたとのこと。それで先輩を場内ご案内することに。

気になる魚類を幾つか、折角でしたので、
お世話になったお返しで先輩に持っていってもらうことに。
いいんか、こんなしてもろうて。
どうぞ、どうぞ。こんなものでは済みませんが。
先輩とはそれから別れて、数日後に花島さんから京都の物凄い賀茂茄子が送られてきました。
済みません、気を遣わせてしまいまして。
いやいや、こちらこそ、すまんかったな、
まあ店で良かったらつこうとくれと。

最高級の賀茂茄子をありがとうございました。
花島さん、京都に行く時にはお店の方に伺わせていただきます。

しかし、あの広い築地で偶然にもお会いできるとは、やはり目に見えない御縁があったのでしょうね。
凄いなあ。。


Hさんご結婚おめでとうございます。

CAOU54N4.jpg
京都の修行時代に大変お世話になりましたHさんが来月の3日にようやくといって
よいのか、そんなことを言ったら怒られそうでありますが(苦笑)、ご結婚される
ことになりました。
石川県金沢の名料亭「金茶寮」でご修行ののち、「やました」に入られた方でありますが、
煮方の天才。といってよい方であります。僕自身Hさんには大変厳しく鍛えられた
方でもありました。今だから言えますが、一時は、口も聞きたくないほど
嫌な先輩でもありましたが(苦笑)、
でも今の僕がこうして店で仕事ができるのも、Hさんに厳しく料理の基礎の基礎
を叩き込まれたご指導のおかげだと思っております。
将来的には、おやっさんの跡を「やました」のお店を引き継いでいかれると思いますが、
おやっさんのやり方を継承しながらも、Hさんのもともと出汁好きのスタイルでお店を
また一段と大きく切り開かれて行かれる予感がいたします。
今後の「やました」の動向には要注目だと思います。
おめでとうございました。←クリック