ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



レアもの

氷魚の生


鮎の奥深さ

熊本県球磨川。
九州屈指とも言われる鰻や鮎の産地。
ここに化け物のような鮎がおりました。
大きさが虹鱒のようで。
いわゆる普通の鮎の大きさではありません。お値段もまた1尾2000円。(苦笑)


焼くのも一苦労でありました。
鮎の奥深さをまた改めて感じいった次第であります。
鮎って凄い魚ですね。


郡上長良川産天然鮎のにぎり

岐阜県長良川の天然の鮎。
10尾入って8,400円。
地元だともっとお安いんでしょうけれど・・ね。
東京だとこのぐらいが相場。

CAD25GG3.jpg
なかなか身の肥えたいい鮎でした。

CA2NGN48.jpg
辻留の辻嘉一さんの本に鮎のにぎりがあったもので、
僕も興味本位で・・。
この鮎をちょっともったいない感じでしたが、
にぎりにしてみようと・・。
CAFLW1LL.jpg
鮎の姿すしは昔から郷土料理で、地方のあちらこちらで
やられておられますが、にぎりは少ないんじゃないかなあと
思いまして・・。
ちょっとどんなもんかなあと試してみました。

鮎を三枚に卸して、上身にして、これに薄く
塩をあてます。
CAP0OD7V.jpg
30分ぐらいあてたら、塩を洗って、酢水で洗ってから
お酢に漬け込みます。
10分ぐらい・・・。
CAGWXIZO.jpg
こんな感じです。

お味は品がよろしおすなあ。←クリック

初鮎

長良川郡上の鮎。
CAQXZK5B.jpg
キロ14,000円はちょっと高すぎ!
しかも高い割にはものもそれほど、よくなかったです・・・
ちょっとぼったくりにあった気分ですね・・・。残念斬り!
古い(笑)←クリック

馬も四もうまいです

高知県を流れる四万十川。
shimanto.jpg
岐阜県南飛騨下呂近くを流れる馬瀬川。
22-1-s.jpg
全国でも名高い両名鮎が運良く手に入れることが
できましたので、それではということで、
うを徳利き鮎大会を開催いたしました(冗談)
CARPSTQ3.jpg
馬瀬川の鮎も平成19年の全国利き鮎大会で
グランプリに輝いたほどの誉れの鮎。
四万十川の鮎もだいぶ前にグランプリに輝いたことも
あるこれまた素晴らしい鮎であります。
CARX2KMO.jpg
上が四万十川の鮎。
下が馬瀬川の鮎。
どちらもそれぞれの良さがあり、甲乙つけられないほどの美味しさ
でありました。
活きている天然の鮎はもっと
美味しいのでしょうけれど、
東京では活きている鮎を入手するのは不可能。
それでも充分すぎるほどの旨さ。
やはり天然の鮎素晴らしさを再認識いたしました。←クリック