ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



久しぶりのねぎどんさん

合羽橋の帰りに2年ぶりぐらいに寄ってきました。相変わらずのおかみさんの優しい笑顔に癒されました。僕も見習なくては…
お蕎麦もとっても美味しかったです。
また寄らせていただきます。(^_^)

向島七福すずめの御宿さん

当店のお客様でもございます向島の料亭
「すみ多」さんの女将さんがやられて
おらっしゃる向島七福すずめの御宿さんに
行って来ました。

手作りの蕗味噌と金山寺味噌がたまらなく美味しかったです。

新蕎麦とつけダレとの絡み、喉越しがたまらない十割蕎麦…

鰹のお出汁が効いた牡蠣の入った暖かいお蕎麦。女将さんのサービスで松竹梅に形どったお蕎麦が可愛い。

女将さん、娘さんの暖かいなおもてなしが実に心地いいです。
ご馳走様でした。(^_^)

 亀有 日本蕎麦「吟八亭やざ和」さん」

僕の亡きおやじがこちらの「吟八亭やざ和」さんのお蕎麦が
大好きでしたので、よく松戸市八柱にあります祖父母のお墓参りの
帰りにいつも寄っておりました。
父が亡くなってから、2年ぶりに先日の休みの日に、お彼岸のお墓参りのあとに
寄って見ました。
CAU21E23.jpg
父がいつも頼んでいました、しゃけの血合いの塩辛の「めふん」。
北海道の札幌の義父が大好きで、あちらでもよくいただきましたね。
あいにく車でしたので、お酒が飲めなくて残念でした・・・><
CANIATFJ.jpg
そばがきが相変わらずの美味しさ、妻はお蕎麦よりもそばがきを絶賛しておりました・・。
CAM2WAAX.jpg
田舎蕎麦・・。
CAD4B265.jpg
せいろ・・。摺りたての本山葵とぴったりあって、とっても美味でした・・。
CAGX8GUY.jpg
温かい飛竜頭そば。
CAYGI8YO.jpg
こちらのYさんのご主人とはよく合羽橋で顔を合わしたりするのですが、
いつもつなぎを着て、かっこいいハーレーダビッドソンに乗って颯爽と帰っていく姿を
拝見いたしますと、いつもすげええなああと僕も年とったらああいう粋な親父になりたいなあと
思ったりします。
親父さん、美味しかったです。←クリック

北海道余市シリーズパート1

9月末の結婚式の翌日に義理の両親とともに旅行した
北海道余市の紀行です。
余市駅。
レトロな駅舎。
駅前は昭和の雰囲気が漂いなにげにだだぴろかったです。
冬は相当な雪が積もるところなんだそうです。
函館から来られた女性二人組の方。このあと
余市駅前のニッカウィスキー蒸留所に行かれるそうです。
CA1YJOAK.jpg
まずは腹ごしらえと、地元余市のタクシーの運転手さんお勧めのお店。
「蕎麦切いつき」さんへ・・。
いかにも美味しそうな店構え。雰囲気を感じます。
CAVQK56D.jpg
店内に入ると、モダンなダイニングバーのような内装に、
ちょっと驚き!ジャズも静かに流れておりました・・。
CAA6DFVL.jpg
こちらのご主人はまだ30代前半と若く、
ニセコにあります北海道屈指の日本蕎麦店「いちむら」さんで
長く修行された凄腕のご主人。エッジの利いたお蕎麦を見て、
その腕の良さを感じました。
CAGV2GP2.jpg
この日はとろろそばと田舎蕎麦をいただきました。
北海道の蘭越という北海道でも有数の蕎麦粉の産地のものに
こだわりをもっておられるとか。
CAJ80NCJ.jpg
田舎も薫り高いものでありました。
そばつゆの返しは弱めではありましたが、
美味しくいただきました。
CAMDBL0U.jpg
お店の近くにありました魚屋さん。
地の物を中心にかなりの低価格。
ホヤが100円とはちょっと買いたい衝動に
駆られましたが、このあと果物狩りとニッカの蒸留所に行く予定
をしておりますので、残念ながらあきらめました。←つづく

神楽坂 日本蕎麦「東白庵かりべ」さん

結婚してからは、全くといっていいほど、他所のお店で
食事が出来ない状態が続いておりまして、今後もまだ暫くは
落ち着かない状況が続くと思いますので、今までまだアップして
いない伺ったお店をこの際に少しずつ紹介したいと思います。

確か、七月の暑い時期の頃に伺った神楽坂の毘沙門天善国寺さんの
ちょうど裏手の路地の奥ほどにございます日本蕎麦のお店の
「東白庵かりべ」さん。

ご主人のKさんはこのあいだまで六本木ヒルズにありました
千葉県柏市に本店がございます「竹やぶ」さんの支店のお店で
店長をなさっておられました。
CA3OM8FI.jpg
店内はゆったりとした机配置が特徴の高原のロッジ風の造り。
先にお手洗いをお借りしますと、また凝ってるトイレ^-^
紙てふきではなく、タオルのお手拭が高級料理店風で凄いですね。
お昼の閉店ぎりぎり時間に行ったにも関わらず、お店の皆様嫌な顔を
全くされず、どうぞどうぞととっても温かなお持て成し。いやあ素晴らしいですね。
CAPXLE8L.jpg
ユニークなメニューはやはり竹やぶさん譲りでしょうか。この日はとっても暑かったので、
ビールをいただきたい気分でございましたが、車で来ていたので、ノンアルコールビールを
いただきました。お店の方から、どうぞ召し上がってくださいと、サービスで蕎麦の揚げたものと
海老の頭のから揚げをいただきました。海老の頭は揚げたてで美味しかったです。
CAS2C0OM.jpg
天麩羅もいただきたかったのですが、この日は閉店間際ということもございまして、
田舎そばが売り切れで、せいろ蕎麦とそばがきを注文させていただきました。

CAHUZDJ3.jpg
そばがきは柏の本店の粒粒が特徴の粗そばがきとは異なり優しい味わい。ご主人のお人柄が出ている感じ。
竹やぶさん系ですと、個人的にはそばがきは葛飾区亀有にあります「やざ和」さんの
親父さんのものがちょっと好きかなあという感じがいたしますね。まあ好みの
問題ですが・・。
CAH71IIB.jpg
2650円

せいろの出来栄えは良かったと思います。薬味ねぎに関しては個人的には竹やぶさんのような
青い部分ではなく白い部分の刻み葱の方が好きではございますが、まあこれも好みかもしれません。
蕎麦湯もご主人修行先の本店同様すっきりしたもの。濃いめのおつゆによく合います。
近所の「蕎楽亭」さんがいつも並んでおられるようですので、ゆったりと美味しいお蕎麦を
食べられるお店として、昼の最後のお客ということもありご挨拶していただきました朴訥
としたご主人のお人柄もとっても良い方でありますので、神楽坂でまた寄りたいお店が一つ
増えた感じです。←クリック