ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



お寿司屋さんシリーズ 銀座「鮨 とかみ」さん

ニュージェネレーション。
稀代の寿司業界を担っていくだろうOさん。

北海道の日本料理屋さんでの修行経験値のあるOさん、
おつまみの美味しさは、既に
銀座ではもうトップレベルなんじゃないでしょうか。

前主人のSさんとは違った鮨のアプローチの仕方。洗練性を強く感じました。

まだ30代の前半のOさん,
その若さが羨ましい。
休みの日は、全て食べ歩きに費やす、
彼の貪欲な姿勢は、いつの日か、実を結ぶことでしょう。

彼にまだ足りないものがあるとすれば、お隣に座られた師匠のSさんの迫力。
SさんのOさんを温かく見守るお気持ちを
熱く感じ入りました。
常に神経を張り巡らせなければいけない
銀座という場所で勝負することの厳しさ、
一瞬感じました。

鮨道

ℹ︎さん

ℹ︎さん

新橋すげぇや。

銀座東急プラザ回転寿司花まるさん


こまいの子

ほや

めふん

北海道の回転寿司屋さんが好きな妻の付き添いで(苦笑)
スカイツリーの同じ北海道の回転寿司屋さんの
トリトンさんより面白いネタがあって
愉しかったです。

衝撃。

昭和の30年代の終わり頃、銀座屈指。日本一の鮨屋と言われた
我が父が修行した銀座の鮨の名店Nさんが既に閉店していた
とは。
信じられません。
あの世の父もこの事実を聞いてどう思うのだろうか。
個人的には日本一美味しいと思ったあのかんぴょう巻きを
もう食べられないのかと思いますと、
時代の流れとはいえ、寂しい。
ただただ寂しい。
Nさん.またもや貴重な情報をありがとうございました。


鮨子史貴さん

白金高輪台

鮨子史貴さん

火入れ具合の完璧な煮蛤には思わず唸りました。ℹ︎さん最高のお持て成しありがとうございました。