FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



奈良県大和八木 「懐石 森本」さん

中学生の修学旅行頃以来訪れた奈良。
当時の思い出は、悲しいかな、全く記憶にはありません。
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山には、何度も訪れておりましたが、奈良は、全くあれ以来、伺ったことがありませんでした。
20200610055246228.jpeg

今回の訪問で、同じ古都でも京都とは異なる、街全体から感じる芯の強さを伴うメンタリティーを強烈に受けました。
以前旅したことがあります、スペインの古都トレドを訪れたときに思った感情に似ている気がしました。洗練さ。素朴さ。全て併せ持ち、柔軟に対応できる度量の深さ。
華美を削ぎ落とした、実を重んじる強さ、誇り…
文化の教養の奥深さは、やはり東京が束になっても
勝てないなあ…。歴史の重みがやはり段違い…。
日本人が、最終的に行き着くところは、この奈良人の境地なのかなぁと思ったりもしました。
2020061005533146e.jpeg

大和八木駅から歩いて10分ぐらいのところにあります「懐石 森本」さん。
ご主人のMさんが話されます奈良弁が非常に心地よい気分にさせてくれます。
20200618064242552.jpeg

お店はご主人のお母様とお二人での切り盛り。
お母様もご高齢ですが、息子さんの為に、一生懸命にお店を盛り立ておらっしゃれます。
とても素晴らしいお母様。Mさんもなるべくお母様にご無理させないように、板場に接客に目一杯に頑張っておらっしゃれる。とてもお母様のことを大事にされている優しいお方だ。
20200618064250d27.jpeg

お料理はMさんの繊細な味付けそして包丁技が冴え渡っておられました。
最後に出た雲井釜の中川一辺陶さんの土鍋で炊かれた聖護院大根と人参の炊き込みご飯が目の覚めるお味で出色であった。この時期の大間の鮪が無くても
お野菜だけでこれだけ人を感動させるのだから、
お料理は人、技なんだなあとまた改めて勉強させられました。
20200618064258b93.jpeg

Mさん.お母様ありがとうございました。
大和八木での一夜、忘れられないひとときになりました。

今年もありがとうございます。

千葉県印西市在住のお米を作られておられます
当店のお客様でもございますOさんから
今年もスペシャルな出来立ての新米を送っていただきました。ありがとうございました。m(_ _)m
20191005055811598.jpeg

先日の台風15号による被害をお受けになられた中で、お作りになられた貴重なお米…
感謝の気持ちでいっぱいでございます。
このお米で作る松茸ご飯がまた格別な美味しさでして、本当有難いです。
Oさん.大事に使わせていただきます。(^_^)

ばか馬

こんなんありかも。
丹波栗と広島産まったけ入り
20141002172222f2b.jpg
過去最高の炊き込みご飯かもしれません。
これいけまっせ!
おっちゃん、へたな関西弁やめときーな。
寸ません。(゜-゜)

栗ご飯

本日お昼に法事用の仕出し配達のお弁当の注文がございまして、
その時にごはんを茨城の笠間の栗が市場にお目見えしたことも
ありまして、栗ご飯の炊き込みを入れてみました。
CAI79DVX.jpg
栗を剥いて、昆布、塩、薄口、煮きり酒、水を入れて炊き上げ、
じっくり出来上がりを待ちます。
炊き込みご飯は水加減が難しくて、いつも炊く前におまじないと
いいますか、かしわでを打って、「うまく美味しく炊き上がりますように・・」
とお祈りしてから炊き上げます(笑)。
昔若い頃に、水の分量に失敗して、堅いごはんが出来てしまって、お客様に
クレームを言われたことがあったので、いまだに炊き込みご飯を作るときは、
水加減に慎重になります。
今回は運良くうまく炊き上がりました。
僕の場合は普段店の食事は鮨ですが、和食店の場合は炊き込みごはんや、
白いご飯をお出しになられているところが多いと思いますが、
多くのご主人さんもこの水加減というものにいつもかなり気を
遣っておられるのではないかなあと思います。
炊き込みご飯ってうまくできた時の感動が大きいだけに
いつもながらその作業は難しいなあと思う自分がいます。←クリック