ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ばか馬

こんなんありかも。
丹波栗と広島産まったけ入り
20141002172222f2b.jpg
過去最高の炊き込みご飯かもしれません。
これいけまっせ!
おっちゃん、へたな関西弁やめときーな。
寸ません。(゜-゜)

栗ご飯

本日お昼に法事用の仕出し配達のお弁当の注文がございまして、
その時にごはんを茨城の笠間の栗が市場にお目見えしたことも
ありまして、栗ご飯の炊き込みを入れてみました。
CAI79DVX.jpg
栗を剥いて、昆布、塩、薄口、煮きり酒、水を入れて炊き上げ、
じっくり出来上がりを待ちます。
炊き込みご飯は水加減が難しくて、いつも炊く前におまじないと
いいますか、かしわでを打って、「うまく美味しく炊き上がりますように・・」
とお祈りしてから炊き上げます(笑)。
昔若い頃に、水の分量に失敗して、堅いごはんが出来てしまって、お客様に
クレームを言われたことがあったので、いまだに炊き込みご飯を作るときは、
水加減に慎重になります。
今回は運良くうまく炊き上がりました。
僕の場合は普段店の食事は鮨ですが、和食店の場合は炊き込みごはんや、
白いご飯をお出しになられているところが多いと思いますが、
多くのご主人さんもこの水加減というものにいつもかなり気を
遣っておられるのではないかなあと思います。
炊き込みご飯ってうまくできた時の感動が大きいだけに
いつもながらその作業は難しいなあと思う自分がいます。←クリック