ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



燻製シリーズ 天然鰻

禁断の宍道湖産天然鰻の燻製。

やっちゃったのね?

はい、やってしまいました。

またお高いものをやったのね・・・・

ええ、やるつもりはなかったんですけれど、たまたま僕の不注意で鰻焼いていましたら、随分と焦がしてしまいまして、見栄え的にお客様に出せる代物ではないなぁと、おかずにしてはもったいないし、扱いに困っていたんですけれど、そうだ、この際これを燻製にしてみようかと・・・

そうなの・・・
それでうまくいったのかしら?

うん、物自体、とっても濃厚に美味しいものですし、燻製臭を付与することで、また違った美味しさを新たに加えることになりました感じですね。
あと、新たな発見と言うんでしょうか、鰻って、焼きたても美味しいですけれど、冷蔵庫で一晩冷やして食べるのも、身にゼラチンを纏った感じになり、これまた違った美味しさになるんだなぁと思いました。

禍いを転じて福を成すという感じかしら?

いえいえ、そんな大それたことでもなく、たまたま燻製ブームの流れに乗っかったという感じでしょうか。

ところで私にもそれいただけるかしら?

もちろん、いいですよ。
高いですけれどいいですか?

出演料込みでお安くしていただけると嬉しいんだけれど。だめ?

分かりました(苦笑)。

燻製に挑戦 №1 帆立

新しいシリーズもの。
燻製に挑戦。
前々から思っていたのですが、今まで未領域の燻製という技法。
食べ物を燻すことによってより美味しくしてしまう調理法。
燻製という調理法で、いったいどのような可能性が拡がるのか、
ということにも興味を覚えております。

これからいろいろな材料を使ってマスターしてみたいなあと思っております。

今回は第一回目として、手軽に出来そうな「帆立」という素材。
燻製のチップとして貝類に合うと言われております
ブナを使ってやってみました。

CACG7NMS.jpg

剥いた帆立に薄塩と粉末のバジルを振ってしばらく
置くことに・・。

スモーカーというものがまだないので、
上記の写真のように
大きな中華鍋を使いまして、
帆立を金串に刺して、
ブナのチップをふたつかみほど鍋にいれて、下から火を付けて
アルミホイルを蓋代わりに上からかぶして
燻すことに・・。
時間にして35分ほどしますと、帆立が茶色く変色してきました。
それから5分してから火を止めて、とりあえず燻製終了。
お味を見てみると、
確かに燻製臭がしますね・・。
帆立の甘さとそこそこのジュウシーさも残っています。
ただ、インパクト的にはもう一歩かなあとの印象も。

初めとしてはこんなものかなあ・・。

昨夜お見えになられました舌のかなり肥えたKさんご夫妻様にも
内緒で試食で召し上がっていただきましたが、
とりあえず、完食していただいたようですので、
ほっといたしました。

今のところ、楽しみ6割不安4割という心境ですが、
新たなチャレンジということで
これから奥が深い作業になりそうです。←クリック