ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



白金 シロガネーぜを探して ラスト  「アコテパティスリー」さん

凄いお店だ。
焼き菓子を食べて感動したのは、
尾山台にありますオーボンビュータンさんの
焼き菓子を食べて以来かもしれません。
CAM2B4S1.jpg
こちらのお店をご紹介していただきましたTさんのお話に寄れば、
こちらのご主人、オーボンビュータンさんで
修業されたそうです。
なるほど(笑)。
よく理解できました。
やっぱりそうなんですね・・。
CAIKCDK1.jpg
ちがうんですよねえ・・
なんだろうなあこの旨さは・・。
ちょっと次元が違う美味しさ。それぞれに味の輪郭を感じることができ、尖ったようなエッジが利いており、作り手の大いなる主張が感じられる。
僕のいる下町にはこのレベルの焼き菓子をいただける
お店はたぶん残念だが見当たらない感じだ。
CAT7SHZF.jpg
白金という街って凄いなあ・・。
和菓子は下町の方がいいお店が揃っている感じがいたしますが、
洋菓子系に関しては、僕のいる下町地域とかなり開きがある
印象を今回の訪問を受け、より強く感じてしまった印象でしたね。
CAWQRQX5.jpg
目黒駅まで歩いた道中にも、気になるお店が他にも
何軒かありまして、
また近いうちにも、この街を訪れることに
なるでしょう。←FIN

白金 シロガネーぜを探して その4  ブーランジェリー「セイジアサクラ」さん

カレーパン。
いわゆる油で揚げたパンをイメージしますが、
こちらのセイジアサクラさんの一番の人気商品の
カレーパンは油で揚げておりません。
こういうカレーパンを食べるのも生まれて初めてかもしれません。
CAVQ039E.jpg
カレーパンの歴史を調べてみますと、
起源については、東京都江東区にある「名花堂」さん(現:カトレアさん)
の2代目の中田豊治さんが1927年に実用新案登録した洋食パンが元祖と言われておられる
そうです。ただし同新案は「具の入ったパンをカツレツのように揚げる」という主旨であり、
カレーの言葉は全く含まれていないそうです(むしろピロシキが想像される)。
一方、練馬区にあります「デンマークブロート」さん(1934年創業)では、
創業者がカレーパンを発明したとしているそうであります。
また大正5(1916)年に新宿中村屋さんが迎えたインド独立運動家
ラス・ビハリ・ボースさんが純インドカレーを伝え、これにヒントを得た
相馬愛蔵さんによってカレーパンが発明されたという説も存在するそうです。
いずれの店が発祥店なのかは、実のところでは分からないそうであります。
CA7RH3ZX.jpg
セイジアサクラさんのカレーパンはどちらかといえばハードなテイストの
パン生地の中に、ごろっとした具の入ったカレーが入っておりまして、
他にチーズとマヨネーズのようなものがミックスしているようでした。
普段、揚げているカレーパンに舌が慣れているせいか、若干お味的には
おとなしい印象を受けました。
でも本来からすると、油で揚げるのが邪道で、こうしたカレーの
具を入れて焼き上げたものが
本当の意味でのカレーパンなのかもしれません。
口の中も油ぎることもありませんし、食後感も
すっきりしております。
人がやっていないことをやる。
というのはかなり勇気のいる作業だと思います。
油で揚げることが当たり前のように思うことを、
本当にそれでいいのであろうか・・?という疑問を
持ち、自分なりに新たな切り口で挑んで見る。
ご主人、本場フランスで長くご修行れていた経験から
自家製のパン酵母にはなみなみならぬ自信をお持ちに
なっているそうであります。
それを生かすのは、油で揚げてしまうとそれが生きない。
焼き上げるカレーパン。
新たなるカレーパンというかたち。
そういう姿勢はとっても凄いことだなあと。
セイジアサクラさんのカレーパンを食べて感じ入りました。←つづく


白金 シロガネーぜを探して その3  「RYOCO」さん

高校時代、恋焦がれていた先生がおりました。
英語の先生で、とっても品性のあるとても
美しくチャーミングな容姿だった先生は、
僕以外にも多くの同級の友人からもとっても人気があって、
マドンナ的な存在といいますか、それは現実には叶わぬ夢というもので、
でもずっと遠くから先生の授業を受けるたびに、
先生の話す流暢な英文そっちのけで、先生を
ずっと見ている自分がおりました。
うーーん今から思えばそれは青春ということだったんでしょうね。
先生は港区白金のご出身で、そして高校から大学まで
明治学院に通われておられたそうです。
よくテレビや雑誌等で白金に住む女性ののことを
シロカネーゼという表現で言われることがございますが、
まさに先生こそがシロカネーゼという表現がぴったりくる
女性でございました。

CAIWS55I.jpg
高校を卒業して以来、N先生とはお会いすることはなくなりましたが、
その後風の便りで、N先生はご結婚されて、2児の母になられたそうでして、
今でもお元気にお過ごしのようだそうです。

CAC8XG7A.jpg
RYOCOさんのケーキをいただいて、思ったことは
あのN先生のシロカネーゼというイメージに近いということ。
品があって、洗練されており、そしてお味もN先生のような
包み込むような優しさがあるということ。
CAILO315.jpg
シロカネーゼというイメージの共有。
「美意識と品性のバランス」
出過ぎていない余韻を残す甘さ。
CAWPV2MS.jpg
街には明治学院という心の拠り所があり、
青山のような商業的なケバサがない白金の街。
穢れのない白金の街とRYOCOさんのお店の白いショーケースが
重なって見え、
やはり白い美しさがこの街のキーワードになっているように
思えました。←つづく

白金 シロカネーぜを探して その2 シェラトン都ホテル東京「カフェカリフォルニア」さん

先日お見えになられましたMさんが、「聚寶園さんは、
僕も昔から家族で行っていた店なんですよ。まあ確かに
あんかけちゃーはんも美味しいですが、あそこはお昼の
お店ではなくて、夜のお料理がとびきり美味しいお店
なんで、今度は夜に行ってみてください」とおっしゃられ、
なるほど、意外と世の中せまいんだなあと、また今度、
リヴェンジを兼ねて、夜にお伺いしたいと思っております。

残念ながら時間に間に合わず振られた聚寶園さんをあとにして、
シェラトン都ホテル東京さんに向かうことに・・。
CAEN4F77.jpg
桜田通りを歩いて、10分ぐらいしますと、程なく
右に折れるとホテルに到着いたしました。
入り口は白金にあるホテルにしては、少しどことなく
おとなしめという印象のファサードのシェラトン都ホテル東京さん。
しかし、ホテルの中に入りますと、大変シックで中にあります
和のお庭の眺めが
おお!と思わず唸ってしまうほどの素敵な空間。
このギャップがたまりませんね。

サービスの方の制服や動きもモダンでそつのない身のこなし。
チャーミングな女性のコンシェルジュの方の
応対も実に適切で話し方もさすが白金にありますホテルという感じで
とっても素敵でした・・・。
CACWP1O1.jpg
コンシェルジュの方が、残念ながら、この時間でお食事できるお店は
一階の、ロビーラウンジのバンぶーさんか、カフェカリフォルニアさんしか
あいにく営業されておられないと・・とご説明がございましたので、
妻と両方行って見比べさせていただいたところ、ラウンジのお庭の
景色も捨てがたいのですが、でも食事としては
カフェカリフォルニアさんかなあ。。ということで

「カフェカリフォルニア」さんの方に決めさせていただきました。

CAPJ5GZD.jpg
お店に入る前そのお名前から、カフェの毛の生えたものなのかなあと、それほど
期待するものは正直なかったのですが、
お店の中にはいりますと、きちんとしたテーブルセテッイング、ギャルソンの方々の
服装などを見て、ここが真っ当なレストランなのがよく分かりました。

ランチメニュー1,900円(プラス300円のサービス料)を頼み、
最初に出てきたコーンスープの美味しさに、
おお!と思わず妻と笑みを浮かべました。
コーンスープの美味しさは昨年の暮れお伺いさせていただきました
根岸にあります香味屋さんでいただいたものよりも上をいくもので
ありました。
ここで、このお店のお味のレベルの高さを確信。

CA912CRE.jpg
生パスタのお味は若干塩味が強く感じましたが、トマトベースのお味の濃厚さと
もちっりとしたパスタの絡みが実に見事。
妻が選んだハンバーグもお肉に軟骨部位を加えたもので、
お客様をあきさせない味。
無料で付くライスも良い炊き具合でした。

そして最後にいただきましたコーヒーと
刻んだカシューナッツの入ったチョコのアイスクリームの
味のバランスがよくなかなかの美味でありました。

2,200円のランチとしては、とっても魅力あるもの、
期待以上のお味に、またこちらに来たらお伺い
したいなあと思いました。

いやあレヴェル高いですよ、カフェカリフォルニアさん。
ありがとうございました。←つづく


白金 シロカネーぜを探して その1  中華料理「聚寶園」さん

白金は正しくは「しろかね」と発音し、「しろがね」ではないそうです。一般にはどちらの読み方もされてきたそうですが、
もともと町名の起源となった白金長者(応永年間に白金地区を開墾した柳下上総介さん)は、白金(しろがね=プラチナ)ではなく、大量の銀(しろかね)を保有していたために白金長者と呼ばれるようになったことから、この地をしろかねと呼ぶようになったそうでございます。
CAN2QCBA.jpg
本日はグルメの街としても有名な白金の街巡りを。以前ブログでご紹介させていただきました世田谷区の祖師ヶ谷大蔵にございますバゲットの名店、ラトリエドゥプレージルさんをお教えいただきましたKさん御夫妻様より白金にもまた色々と美味しいお店があるんですよ。とのことで、
地下鉄の白金高輪台の駅で下車して、駅のすぐ斜め前にございます
中華料理の名店、しゅうほうえんさんへ・・・。

CAMCJXWU.jpg

こちらのしゅうほうえんさんは、Kさんのお話によりますと、
餡かけチャーハンがとっても美味しいお店ですよということで、
楽しみ行ったのですが、行ったのがお昼のランチの閉店間際の
14時25分ごろ。
ぎりぎり間に合うかなあと、駅を降りて、妻と急いで走っていったのですが、
間一髪のアウト!
すでに14時15分のラストオーダーに間に合わず・・・・><
お店の方も本当申し訳なさそうなお顔をされていたのですが、
残念でありました・・・・。とほほ・・・

ああお腹が空いたなあ・・・と
朝から二人とも何にも食べていなかったので、
かなりお腹を空かしていったもので、
この展開にはちょっとこたえました・・・。
もう少し、早く家を出ればよかったのですが・・・
ちょっと朝早くから細々とした雑用に追われていたのが、
あだとなった感じでございました・・。

どうしようかと、妻と途方に暮れていたところ・・

そうだ!この近くにシェラトン都ホテルがあったことを
思い出し、ホテルならこの時間でも食べられるお店があるのでは
と思いまして、そちらに向かうことに・・←つづく