FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フレンチ界の巨匠 レストラン キノシタさん

小田急線の参宮橋駅を降りたのは、僕の記憶を思い起こしても多分初めてだったと思う。自分が10代の後半から20代の前半の頃にかけて、通っていた大学が小田急線沿線にあったため、四年間小田急線のお世話になっていたが、こちら参宮橋駅にはどういうわけだか、いつも縁がなく素通りしていた駅であった。

参宮橋駅の名前の由来が気になったので、あとで調べて見ますと
小田急線の参宮橋駅に掛かる南新宿方面にある跨線橋が、明治神宮に向かう為の参道にある橋であり、その昔、小田急線が走る前、此処に河骨川という名前の川が流れていたそうで、まだ名もない橋だったところに、大正時代の終わりごろ側に明治神宮が出来て、河骨川が埋められて、そこに小田急線が通るようになり、橋が参宮橋という名前が付けられるようになる。そして駅が造られて、参宮橋駅という名前になったという流れ…。


レストランキノシタさんは、僕にとってはずっと憧れのお店であった…。
かつてお店があった初台にあった時から
いつかは行って見たいと思っていたお店であった…。
当店のお客様であります福岡屈指の美食家のTさんがキノシタさんのご常連であったことを後で知ることになり、より親近感を感じることになりました。

ただキノシタさんのお店は、うちと一緒の月曜日が定休日ということもありまして、なかなか行くタイミングが合わずに、その後も数年が経ちました。

昨年の秋頃にキノシタさんのご主人のKさんから福岡のTさんのご紹介によるご予約のお電話をいただいたのですが、
あいにくその日は埋まっていたため、ご案内することができずに、そのお詫びもございまして、
キノシタさんにご予約させていただきまして、本日を迎えた次第でございます。

キノシタさんのお料理を初めていただきまして、感じたことは 精度がたまらなく高い。
野球に例えるのには、当てはまらないかもしれませんが、ピッチャーがコーナーワークギリギリにビシッと投げ来る感じ。
メジャーのグレッグマダックス投手や桑田真澄投手の投げる投球のように、神業のようなコントロールで、外角、内角にギリギリに投げ分けるような感じ。この精度の高さは物凄いと感じ入りました。