FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



青森県三厩の本鮪

青森県三厩(みんまや)
その名前は源義経さんに由来されているそうであります。
200px-Minmayavillage.png
源義経伝記が書かれている竜馬山観世音縁起」に寄りますと、
義経さんは、日頃身につけていた観音像を波打ちぎわの岩の上に置き、海上平安の祈願を込めた。
こうして三日三晩一心に普門品経を唱え続けると、暁の頃、
長い杖を手にした白衣白髪の老人が姿を現し義経に告げた。
「汝の願いを聞き届け、三頭の神通力を備えし竜馬をつかわそう。
これに乗り海を渡るべし」
これぞ観世音のお告げと義経は感涙し、感謝の祈りを捧げた。
やがて岩から降り、近くの岩窟の近くへ来ると馬のいななきが聞こえた。
中を覗くとそこには見事な駿馬が三頭つながれていた。ふり返って海を眺めると、
あの荒れくるっていた海がいつのまにか嘘のように静かになっていた。
こうして義経一行はこの駿馬にまたがり、無事に海峡を渡ることが出来たと…。
この岩窟は、馬一頭が十分入れる大きさであり、丁度三つ並んでいる。三厩の地名の由来と云う。

tappi1.gif
たぶん、言い伝えですので、実際にはあり得ないお話ではありますが、
まあそのようになっているそうであります。
CAHVNRCX.jpg
三厩、いわゆる竜飛あたりで獲れた本鮪は
主に日本海を北上してきて、それが津軽海峡に入り、
10月頃に脂の乗ったサンマを食べて丸々と太ったマグロになるそうであります。
本マグロ一本釣り漁船が多く停泊する三厩漁港は、藩政時代には松前港(北海道)
までの渡航地ともなっていた古い港だったそうでして、津軽海峡に面し、
一本釣りマグロ漁でも有名な漁師まちなんだそうです。
津軽海峡では暖流と寒流がぶつかり合い、エサが豊富であることからも
高品質なマグロが回遊し、三厩の漁師は、一本釣り漁船で本マグロを昔から
釣り上げていたそうであります。
今回の本鮪もトロの品の良い身質が中々味わい深いものでありました。←クリック

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1034-325747df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)