FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



吉良邸・泉岳寺・赤穂義士のお墓参り


吉良邸襲撃の日は旧暦12月14日
CA40EP7E.jpg
元禄14年3月14日(1701年4月21日、江戸城殿中松之大廊下で赤穂藩藩主・浅野長矩(内匠頭)が高家肝煎・吉良義央(上野介)に刃傷に及んだことに端を発する。この一件で加害者とされた浅野は即日切腹となり、被害者とされた吉良はお咎めなしとなった。
CA5NJ3CV.jpg
その結果を不服とする赤穂藩国家老・大石良雄(内蔵助)をはじめとする赤穂浪士(赤穂藩の旧藩士)47名、いわゆる「赤穂四十七士」(あこう しじゅうしちし)は、紆余曲折の末元禄15年12月14日(1703年1月30日)未明に本所・吉良邸への討ち入りに及び、見事その首級をあげる。そしてその後の浪士たちの切腹までの一連の事件を総称して、今日の史家は「元禄赤穂事件」と呼んでいる。
CARO7JNX.jpg
碑には剣豪吉良家臣清水一学氏の名前も刻まれておりました。
CAF6L5ZQ.jpg
赤穂藩藩主・浅野長矩(内匠頭)氏が眠る泉岳寺。
CA6VYU3A.jpg
藩主の墓所の隣には、赤穂義士四十七士の墓所がございました。
CALJG11Q.jpg
高輪の高台にございました。夕暮れ時の墓所風景。
CA8Z3JJO.jpg
人様のお墓のお写真を撮るのも何となく憚る気持ちも
ございましたが、合掌をして撮影させていただきました。
CATAQY34.jpg
まだ若いお歳でありましたが、義のために尊い命を・・・
CAD73TM0.jpg
ここに来ますと、テレビや映画とは違いまして、現実に
起こったのだという、自分の胸の中にぐっさと迫り来るものを
感じてしまいました。
人のために生きる。
中々出来ないことだと・・。
昔の人はただただ凄いなと。
ふう・・・・・・・。
ハードな生き方。←クリック

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1052-a57feec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)