FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



京都紀行

始発新幹線に乗り、翌日の最終の新幹線で帰るという、かなりの弾丸の日程
ではありましたが、無事に任務を遂行できてほっとした京都での短い旅路で
ございました。
京都駅に着いて、親戚周りをいくつか済ませて、15時頃に食事ができるところ
を考えていたところ、そういえば、先斗町の開陽亭さんが開いていたなあと
思い出して、先斗町までやってきました。
CA4ZHZZ3.jpg
久しぶりの先斗町の街並み。
いつの間にか知らないお店も増えまして、だいぶお店が変わっていましたね。
CA6KT68T.jpg
先斗町を四条に向かって歩いていますと、途中に
当店のお客様、Tさんも以前いかれた「串かんざし久」さんもありました。
こちらは京都の市場でもなかなか手に入らない高級素材が食べられるお店なんだそうです。
いつか、行ってみたいですね。
CAD2CE5Y.jpg
先斗町の四条寄りにあります、「開陽亭」さん。
ひさしぶりにやってきました。
変わらぬ佇まいがなんとも懐かしかったです。
こちら鴨川べりにお店があるため、夏の時期の「川床」で
お食事ができるのがなんとも魅力のあるお店でございます。
CABLJ0N6.jpg
こちらは二階の窓辺の席から鴨川の流れを観る景色が
なかなか素晴らしいものがございます。
お二階にはこのお店の京都弁どっぷりのご主人の
「こちらの席がよろしうおまっせ」というにこやかに^-^
温かな接客が京都に来たんだなあというものを感じさせて
くださいました。

CA8F3RPF.jpg
何年振りに来てもその変わらぬお味。

CA2LP6GM.jpg
20代前半の時に初めてこのお店を訪れた時に、
恐る恐るいただいたこちらのタンシチュー
CA9Y3LTQ.jpg
一口いただいたときに思わず20年前にタイムスリップを
した錯覚を感じてしまいました。
食と言うのは恐ろしいなあと思いました。
覚えているんだよなあ・・この味を。
あの頃の京都での辛い修行時代をも一緒に思いださせてくれました。
CA74RXZ4.jpg
食べ物の力というのは
時代をも超えてしまうんだなあという
CARM7NER.jpg

窓辺から見える鴨川の流れを遠くで見つめながら、
思わず感慨に耽ってしまった一時間でございました。←つづく

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1064-99aee6d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)