ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



豆を煮るシリーズ「大正金時うづら豆」

大正金時うずら豆はいんげんまめの代表的な種類であるそうです。
いんげんまめは諸外国では最も日常的に食されている豆の一つだそうでして、
その種類は多様であります。
原産地は中南米なんだそうですが、渡来は17世紀の中頃、中国から隠元禅師
によってもたらされ、
禅師の名にちなんで「隠元豆」と呼ばれるようになったと伝えられております。
北海道で栽培されているいんげんまめのうち大正金時うずら豆が約6割を占めてい
るそうであります。
CANQSJCZ.jpg
本格的な栽培は北海道の開拓が始まる明治時代になってからそうでして、
アメリカ産の種子が輸入され、栽培が始まったそうです。
現在、北海道がいんげんまめの主産地で、国内生産の大部分を占めているそうで、
大正金時うずら豆は
昭和初期に北海道の十勝地方の募別村で見つけられ、幸福駅と愛国駅の間に
ございます大正村(現在は帯広市内)
で量産されたことからその名が付いたそうであります。
赤紫色が鮮やかなことから赤いんげんとも呼ばれているそうです。
CAE6UAEW.jpg
個人的には今回初めてこの大正金時うずら豆を煮てみましたが、
いやあ実に美味しいお豆だなあと、暮れに似た丹波の黒豆よりも
豆としての美味しさがあるなあと感じいりました。
CAPOSXXY.jpg
大正金時豆と言いますと、甘納豆にしたものが一般的には
有名でありますが、この煮豆にしたものも、実に滋味深い
お味で、一粒食べたら、また一粒食べたくなる感じで
止まらなくなってしまいまして、結局お客さんにお出し
したものよりも、僕や妻が食べてしまったものの方が
多かった感じでありました(笑)
CAX3Y2K5.jpg
いやあこの大正金時うずら豆、実に素晴らしく美味しい
お豆なので、皆様もどんどんご家庭で煮て食べていただきたい
お勧めのお豆であると思います。
個人的には今のところ、ベスト1の豆にランクインいたしました(笑)。←クリック

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1118-571d51b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)