FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



京都紀行 ラスト 「嵐山 松籟庵さん」「紫野和久傳 京都伊勢丹店さん」

まだあるの?と色々なお客様より言われておりました
随分と長くなってしまいました京都紀行も
いよいよ今回で最後になります(苦笑)。

今回は残念ながら予約を取ることはできませんでした、
吉兆さんの本山とも言うべきお店「嵐山吉兆」さんのお店。
30代の中頃に、当時今は故人になられましたが、よくお見えに
なられていました当店のお客様のNさんに見聞を広めなさいと大阪の
北浜にございますご常連の「高麗橋吉兆本店」さんに連れていただいたございますが、
Nさん曰くあの時の贅極まるお料理の上を行くと言われております
こちらの「嵐山吉兆」さん。
懐石料理の神様とも言われております、湯木貞一さんの真髄を味わえるお店として、
今は、そのお孫さんの徳岡邦夫さんのお料理を味わってみたかったのですが、
今回は残念ながら、ご縁がございませんでした・・・。
CA91Q9KF.jpg
玄関先まで来て、また悔いる思いが・・・まあしゃあないですね。
またの機会に譲りたいと思います。


「嵐山吉兆」さんのお店の前の通りをずっと奥に進んでいきますと、暫くしますと、
ちょっとした山道になりまして、階段に出くわします。
CA525U2N.jpg
この階段を昇りますと、今回の目的地であります、
京都の知人Y君が予約してくれました
京都屈指のお豆腐料理の名店「松籟庵」さんの建物がございます。
CAGYIC6K.jpg
こちらの建物は、元は昭和の宰相でありました「近衛文麿」翁の
別荘であった建物だったそうです。
CAEM7WMN.jpg
その建物を京都屈指のお豆腐と言われております森嘉さんの「嵯峨豆腐」を使った
お豆腐懐石のお店として、かなりの人気を博しておりますお店なんだそうです。
なかなか予約が取れない中、予約してくれたY君に感謝です。
CAMRW0UQ.jpg
窓から紅葉を見ながら、下に見える桂川の様子もなかなか素敵でした。
CAQ3KN7R.jpg
お店の方に大広間に案内されてテーブル席に座ります。
ゆったりとした広いスペースに気持ちが伸びやかになります。
CAUTSVM0.jpg
お豆腐料理と言いますと、以前京都の南禅寺さんそばに
あります順正さんや、東京台東区根津にあります「笹乃雪」さん
にお伺いしたことがございますが、個人的な感想としては、こちらの
お店の方がワンランク上かなあという印象を持ちました。
CAYOU19H.jpg
特にこの昆布だしで温めた湯豆腐は素晴らしいお味で
ございましたね。。
CAKJFD31.jpg
〆のちりめん山椒の乗ったご飯がまた、雑味のない
清清しい美味しさでありました。
CA29W3YY.jpg
Y君とも久しぶりに会い、変わっていないことに安堵し、また再会を祈って、
京都嵐山の地を後にしました・・・・。
e0069902_18441810.jpg
帰りの新幹線で食べようと、京都駅にございます伊勢丹京都駅店内に
ございます、「紫野和久傳 京都伊勢丹店さん」で鯛ちらし(2,625円)を購入して、
車内でいただきました。
e0069902_18444377.jpg

一泊二日の弾丸強行でありましたが、久しぶりに京都に行きまして、
自分なりにリフレッシュできたことが、何よりも収穫でした。
やましたの女将さんのご仏前に手を合わせたときに、女将さんの
遺影のお写真が心なしか笑って見えたように思えたのが、
新幹線の車内の窓辺の暗がりの向こうに見える穂のかな灯りと重なって、僕の気持ちを
安堵させてくれるには充分なものでありました・・。←このシリーズ終わります。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1130-35ff1535
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)