ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



大分県姫島の天然車海老

車海老言われる由来は、煮たり茹でたりすると体表に車輪のようなものができるからだというそうです

「海老」という字ができたのは熱を加えると腰が曲がったようになるので、
腰の曲がった老人の様子に似ているところからだといわれております。
CAUKKIJ0.jpg
車海老は大きさによって呼び名が変わる。
100g以上を「大車」、25~40gまでのものを「巻」、20g以下のものを「鞘巻」。
車海老の甘味の正体はアミノ酸である。特にアミノ酸のグリシンが多いので甘味を強く感じるそうです。
CA9CF9I9.jpg
平成23年度の農林水産省のデータに寄りますと車海老の生産量は天然ものが558トン
養殖ものが1598トンとなっておりました。
天然モノは平成20年度では、670トンあったそうでしたので、年々減少傾向に
あるそうであります。
平成23年度の車海老の天然ものの全国的な漁獲量の内訳を見てみますと、
一番多いのが愛媛県の154トン。次に多いのが愛知県の83トン、三番目に
今回仕入れました大分県の74トンとなっております。
ちなみに江戸前ものに関しては、東京0、千葉1トン、神奈川1トンという
データが示されており、江戸前モノは今や幻となっている感じでございました。
時代の流れとはいえ、寂しいですね。←クリック

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1146-7cb73b73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)