ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



いよいよ七尾の大とり貝

石川県能登の七尾。
能登半島の中央部にあり、富山湾、七尾湾に面し、能登島を前方に持つそうです。
「七尾」の名称の由来は、七尾城のあった山(通称・城山)の七つの尾根
(菊尾、亀尾、松尾、虎尾、竹尾、梅尾、龍尾)からと言われているそうであります。
189PX-~1
七尾湾の上空写真。奥に見えるのが能登島。
七尾湾内は能登島を軸に北湾・西湾・南湾に別れておるそうでして、
南湾には七尾港、西湾には和倉温泉があるそうであります。

250px-Notojima.jpg

七尾市では古くから定置網漁業が盛んに行われており、戦国時代の末期から漁業が始まったと
伝えられています。1579年(天正7年)には織田信長に出世魚「鰤」を献上した記録も残
されており、定置網漁業の発祥の地の一つとされています。3000m級の山々を望む富山湾は、
表層部が暖流の対馬海流・深層部には低温の海洋深層水の恩恵を受け、温暖な海の魚や寒冷の海
の魚が混在して漁獲されます。加えて、日本アルプスから森の栄養が豊富に届けられ、餌となる
プランクトンや小魚が豊富で良質な漁場が形成されているそうであります。
CABWTY3A.jpg
七尾湾で水揚げされるものには、次のものが挙げられるそうであります。

とりがい 、あかがい  いいだこ  さより  まだい  まあじ  まさば  能登本まぐろ               石崎えび(ヨシエビ) さざえ  かます  あおりいか  あかにし貝(コナガニシ)                  さわら  あんこう  とらふぐ  ぶり   能登かき   能登なまこ  まだら するめいか  

築地の市場にも本日、ようやく七尾湾の大とり貝の姿が見受けられました。
これがお目見えいたしますと、とり貝の季節が本番を迎えた感じであります。←クリック 


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1190-4549d29c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)