ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



シリーズ「豆を煮る」 信州産紫花豆


紫花豆の本場長野県産の『紫花豆』です。
標高が800m以上でないと実がつかないという紫花豆。
信州の戸隠・飯綱山麓で採れる花豆は通常よりもひと周りほど大きく、
昔から最上級品とされ大切に作られてきたそうであります。

もともと紫花豆は長野県の高原で栽培されていましたが、
その種を北海道に移植して栽培を始めたものが北海道産の紫花豆なんだそうです。
しかし、やはり本場長野県産は他の生産地とは違って、サイズが特に大きいです。
具体的には、北海道の紫花豆の大粒では約25mmくらいですが、
長野県産の特大紫花豆では大きいものでは約40mm程度の大きさがあるそうです。

CA2YVXL3.jpg
bean-purple_graph1.gif


紫花豆には栄養がいっぱいなんだそうです。他の野菜と比較してみた表です。
【栄養分】
■ビタミンB1(脳や神経の唯一のエネルギー源です)
■ビタミンB2(肌荒れ、吹き出物を抑えて肌を健康に保つ)
■カルシウム(日本人にもっとも足りない栄養素で、たんぱく質と一緒にとると吸収が倍増しする)
■マグネシウム
(筋肉の収縮の調整)
■鉄分(貧血症状を防ぐ)
■食物繊維(便秘、大腸をきれいにし、生活習慣病に効果)

bean-purple_graph2.gif

CALNQNHV.jpg
t02200220_0300030010425880789.jpg
大粒でどっしり感のする紫花豆。お味のほうも北海道産に比べてみても
噛みしめたときのこくぎっしりとした豆を食ったぞという主張が
はっきりとしておりますね。
豆一粒食べただけでも満足感があります。
ただ旨さという意味では、個人的には大正金時うづら豆の方に
若干ですが、分があるかなあとは思いました。
この辺は個人差でしょうか。←クリック


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1224-d2e04289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)