ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



淡路島産 たまねぎ

玉ねぎの原産地は中央アジアと言われております。
栽培の歴史は古く、紀元前のエジプト王朝時代には、
ニンニク等と共に労働者に配給されていたそうです。
ヨーロッパの地中海沿岸に伝わったタマネギは、東ヨーロッパ
(バルカン半島諸国やルーマニア)では辛味の強い辛タマネギ群、
南ヨーロッパ(イタリア、フランス、スペイン)では辛味の少ない
甘タマネギ群が作られたそうであります。
これらの両系統は16世紀にアメリカに伝えられ、
さまざまな品種が作られるようになったとか。

その一方、原産地から東のアジアには伝わらなく
。日本では江戸時代に長崎に伝わったが、観賞用にとどまり、
食用としては、1871年(明治4年)に札幌で試験栽培されたのが最初とされ、
1878年(明治11年)、札幌農学校教官のブルックスさんにより本格的な栽培が始まったそうです。

品種の系統としては、アメリカから導入された春まき栽培用の
「イエロー・グローブ・ダンバース(Yellow globe danvers)」
という品種が「札幌黄」という品種に。
秋まき栽培用は1885年(明治18年)、大阪に
「イエロー・ダンバース(Yellow danvers)」という品種が導入され
「泉州黄」に、フランス系の「ブラン・アチーフ・ド・パリ」が
「愛知白」に名を変えて、それぞれ地域に定着化したそうであります。
CA52VR52.jpg
淡路島産の玉葱は、泉州玉葱の栽培技術を導入したものだそうでして、
明治21年外国から直輸入した黄、赤、紫、白の4種のたまねぎ種子を
県から配布を受けて試作したものだそうです。

大正9年頃に、淡路島の三原の広田村・榎列村を中心に経済的栽培を行ようになったのが
始まりだそうです。

淡路島産玉ねぎの特徴は、淡路島南部に位置する島内随一の肥沃な大地と、
玉ねぎに適した気候風土を兼ねそろえた三原平野で生産された優良品種であるそうで、
糖度が高く甘みがあり、肉質も適度に柔らかく、生で良く、煮て、焼いて
、炒めてより良く、たいへん用途の広い美味しい玉 ねぎなんだそうです。

淡路島産玉ねぎを使った料理。
CAGRY7Y8.jpg
淡路島由良港で上がった鱧を骨きりしたあと、湯霜降りし、
焼いた鱧の骨で取った出汁で玉ねぎを歯応えが残るまで煮ていきます。
CA02TNY0.jpg
甘みのある玉ねぎと上品な鱧のお出汁。
CAOEU8XC.jpg
淡路の玉ねぎの甘みがなんとも良いですね。←クリック

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1247-f5c4bb7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)