ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



人生初めての歌舞伎鑑賞 その壱

歌舞伎という名称の由来は、「傾く」(かたむく)の古語にあたる「傾く」(かぶく)
の連用形を名詞化した「かぶき」だといわれているそうであります。
戦国時代の終わり頃から江戸時代の初頭にかけて京や江戸で流行した、
派手な衣装や一風変った異形を好んだり、常軌を逸脱した行動に走ることを
指した語で、特にそうした者たちのことを「かぶき者」とも言ったとか。

CA6UN8CI.jpg
そうした「かぶき者」の斬新な動きや派手な装いを取り入れた独特な「かぶき踊り」で、
慶長年間(1596年 - 1615年)に京・江戸で一世を風靡したのが出雲出身の女性の
阿国さんだったそうです。
阿国さんは安土桃山時代の女性芸能者だったそうでして、ご主人はは名古屋山三郎さん
という方で、ご夫婦共に歌舞伎の祖といわれているそうですが、この仲については伝説
であろうともいわれているとか。

慶長8年(1603年)この方たちが京都で始めたと言われるさまざまな踊りが世に出て
、その後多くの人々に「かぶき踊り」というの範疇で受け取られ、
これが今日に連なる伝統芸能「かぶき」の語源となっているそうであります。

CATVRFL1.jpg
江戸時代の歌舞伎は、その成立の過程からは歌舞伎踊りと科白劇(狂言)に
分けられるそうであります。
歌舞伎踊りは若衆歌舞伎までの歌舞伎を指し、その後に
これは若衆歌舞伎が禁止される際に、
江戸町奉行所から「物真似狂言づくし」を義務付けられたことが
その一因ともなっているそうです。
演目の内容は史実や物語などを題材にした狂言が主流となり、
現在の歌舞伎狂言の流れとなったそうであります。

CAKLBFHK.jpg

歌舞伎の舞台は本来、能の舞台をもとにした構造だったそうです。
時代が下ると客席を貫いて歌舞伎役者が登場・退場する花道が付くようになって、
舞台の幅を広げ、享保2年(1717年)には観客の座る場にも屋根を設けて舞台と
ひとまとまりの建物になり、能舞台からは離れた形に発展して、
現在のような形に変遷していったそうです。


CANJWONQ.jpg
今まで、歌舞伎と言いますと、難解なものというイメージが
ありましたが、今回初めて歌舞伎というものを見させて
いただきまして、感想としまして意外と分かりやすいものだなあと
ちょっと僕の固い頭を少し柔らかくしていただいたようにも
思えました。
その辺りのことを次で述べたいと思います。←つづく

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1280-7731ea0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)