ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ベルギー産西洋ごぼう「サルシフィー」を初めて使ってみて

ヨーロッパでも牛蒡があるとは思いませんでした。
昔どこかの本で読んだか、日本人は木の根っこを食べる特異な
人種だと、アメリカ人に奇妙がられたように思われたそうで、
そういう意味で牛蒡を食べるのは日本人だけなのかなあと
今まで思っていたのですが、
ヨーロッパでも実は食べていたんですね。
先日お見えなられたヨーロッパの事情にかなりお詳しい
今もイタリアに行かれているKさんご夫妻様に、
このサルシフィーについてお聞きしたところ、
私たちも良く知らないとのことで、
「ああそうなんだ・・」と。
意外とまだポピュラーではないのかと・・。
CAVBO4E1.jpg
サルシフィーについて少し調べたところ、
ヨーロッパの南部やアメリカに分布しており、
形がごぼうに似ているので日本では西洋ごぼうといわれているそうです。
日本にも実は明治の初期に入ってきているくらい、歴史があるそうです。

英語名にオイスタープラントとあるそうで、
根にはカキに似た味があるといわれております。

切ると切り口から白い汁がでる。
この汁がカキに似た風味がありフランス料理、
スープやグラタン、煮 込みなどに使ったり、ステーキなどの
肉料理などのガロニ(付け合せ)に使うといいとされております。

とりあえず馴染みのある料理で最初やってみたのですが、
和風の牛蒡の旨煮を作ってみたのですが、
味の方は、牡蠣の味は特に感じませんでしたね。
日本の牛蒡よりも少し苦味がある気がいたしました。
お店の人に言われたように日本の牛蒡よりも
繊維質はありませんので、しゃきしゃきとした歯ごたえは
弱い感じです。
これだとやはりスープ料理が向いているのかしれません。

初めて使うのでどういう調理法が良いのか
分かりませんが、折を見て、牛蒡のポタージュみたいのを
やってみたいと思いますが、和風でやってみて期待していた以上の
思ったほどのお味ではなかったので、ちょっと微妙かなあというのが
現段階の本音です。←クリック

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1353-a0b0289d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)