FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



拉致問題

拉致問題解決のためには、今の北朝鮮の金正日体制が崩壊しなければ、現実問題としては、進展しないと言われている。金正日体制が崩壊する可能性はあるのかと、問うとすれば、どうなんだろう?北朝鮮の国民の大多数が、洗脳されていることからも、東欧のような、内部からの突き上げによる、体制崩壊は難しいと言えるだろう。アジア全体に言えるが、欧州のような動乱による革命は、国民性的にありえないかもしれない。過去において、日本も韓国もまた、中国においても、体制を変える動きはあったが、結局のところ、長いものには巻かれろということか、すべてのデモは政府の力によって、鎮圧された。アジアにおいては、国民の力は、ひ弱である。北朝鮮においても、国民が政府の圧制に対して、暴動を起こすことは、難しいというか,現状ではあり得ないだろう。現時点で、拉致問題の解決の糸口になる可能性があることとすれば、金正日が、不意の病で亡くなる時であろう。このときがチャンスかもしれない。金正日の後継者は今のところ、まだこれといった動きはなく,決まっていない。金日成、金正日というある種のカリスマ性のある指導者がいるうちはよいが、金正日亡き後の、後継者が脆弱な基盤の人物だとしたら、そこは、体制転覆のチャンスと言えるだろう。僕が思うには,現時点ではそこまで、待たねば突破口が見えない気がする。でも、そんなのん気なことをいっていたら,横田めぐみさんのご両親さんをはじめ、他の被害者のお身内の方もいつまでお元気でいられるか分からない。難しい問題である。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/14-332977d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)