FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



はっとり君

はっとり君はとてもいいやつだった・・・。
彼とは偶然築地の市場のあるお店で出会い、
彼の姿、容に少し魅了されてしまい、彼と目が合って
しまった瞬間
思わず買ってしまった・・・。
CAYDEIJ8.jpg
彼とは一週間近く過ごしたように思う。
彼はその間、何事も喋らず、不平も言わず
ただ黙って、じっとしていた。
僕が時に彼の傍によって、「やあ」と声を掛けても、
彼はその問いには答えず、ただ僕の方をじろっと
振り返るだけであった・・・。
CA11R8ZU.jpg
彼と不意にお別れする時が来た。
その日は朝からとても憂鬱な心境であった・・・。
自分の仕事とはいえ、この瞬間はいつも嫌なものである。
たぶん、一番嫌いな仕事かもしれない。
魚を捌く時では決して感じないのだが、今回のはっとり君の時も
やはり気が進まない自分がいた・・。
CA4SEQS1.jpg
はっとり君は最後までいいやつだった。
「分かっているよ」という気持ちを
彼は最後まで言わなかったが
持っていたのかもしれない。
得意平然、失意泰然のごとく、どんとして立派だった。
僕も彼のそういう凛とした姿勢を見習いたいなあと
思わず思ってしまったくらいである。
CAO7WRSJ.jpg
極上のスープを残して、
はっとり君はあの世へ旅たってしまったが、
彼のスープを飲んでいた時に、不意に
中学時代まで仲の良かった服部君のことを
思わず久しぶりに思い出してしまった。
彼とは、よく気が合い、休み時間などによく
バカ話をして大いに盛り上がったことが思い出されるが、
中学を卒業して以来、お互い会っていないが
果たして彼は今、どこにどうしているのだろうか・・?←クリック

この記事に対するコメント

【2014/05/12 08:02】 URL | neebjszmxg #EBUSheBA[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1456-bd883174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)