ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



個人的にスペインで一番感動した建物、セビリアの大聖堂 パート2

スペイン旅行 420
スペイン旅行 425
スペイン旅行 422
スペイン旅行 432
スペイン旅行 435
スペイン旅行 449
この像を見た時が今旅行で、一番ゾクゾクした瞬間でした・・。
スペイン旅行 436
4人の歴代の王様に担がれた
クリストファー・コロンブスさんのお墓。
スペイン旅行 439
この寺院の一番奥に1509年に死亡したコロンブスの棺が歴代の4人のスペイン王
に担がれている像が設置されておられました。

イタリア、ジェノヴァ生まれのコロンブスさんは
 1.地球は丸い。
 2.ドンドン西へ進めば必ずインドへぶつかる。
と確信し、航海の為のスポンサーを各国の王様、貴族、大富豪に求めたが
理解を得 られず、流れ流れて西の果てスペインに辿りつき時の女王イザベルに頼み込んだ。
イザベル女王は、地球だのインドだのと言う難しい理屈は解らなかったが、
時あたかも1492年1月、グラナダのアルハンブラ宮殿をアラブ人から
無血開城させる事に成功して気を良くしていたそうです。
それに女性の直感も働いてか、コロンブスの懇請を聞いたイザベル女王の、
関西弁のガイドさんの言う「なんや、けったいな事は解らへんが、
ほなやって みなはれ」の一言で出港が決まったそうです。
 結果は大成功で、新大陸から持って来た金を中心とする財宝で
当時ヨーロッパで 最も貧乏な国であったスペインが大陸で最も裕福な国にのし上がった。
正にコロンブスさんはスペインの国民的英雄になったそうです。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1540-75946135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)