ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



グラナダのでぱちか その2

築地に毎日のごとく通っている身にとっては
スペインのデパ地下の魚のレヴェルは正直
低空飛行。
スペイン旅行 276
ここは素人さん相手でしょうし、
プロの料理人が買う店はもっと質が高いのだと思いますが・・。
スペイン旅行 282
生で食べられる質のある魚はほぼ皆無・・。
日本の魚のレベルは世界一と言われておりますが、
実際に他国のお魚風景を見てみますと、それをまざまざと実感いたしました。
スペイン旅行 285
こちらのスペインの方が、僕がよく買う星鰈や明石の鯛の質の高さを
見れば、かなりびっくり仰天するだろうなあというのが
なんとなく予想されます。
スペイン旅行 287
しかし、それに反してお肉のレヴェルの高さにはかなりの衝撃!

一般人相手にでも、日本のプロ相手の方が買うような、お肉の
食材を、いとも簡単に購入して、ご自宅で奥様方が調理されるのだと
思いますと、お肉を主食としている本場はやはり違うのだと、
いやあヨーロッパってすげえなあというのを実感いたしました。
スペイン旅行 294
お肉を扱う歴史が違うのだからといってしまえばそれまでですが、
肉に関して言えば、プロレベルでは個人個人ではいい勝負をする場合もあると思いますが、
一般家庭レベルの全体で言えば、例えていうのもなんですが、
ヨーロッパのサッカーと日本のサッカーの歴史の違いと同じくらいに
肉に対する造詣の深さというのか、埋めることはどんなに努力しても一生涯無理のような
そこには気の遠くなるくらいの圧倒的な差を感じました。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1591-d9d83678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)