ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



新潟 福島紀行 パート3

束の間の新潟の街めぐりを後にして、
新潟駅からJRの磐越西線に乗り込み
ますは次の目的地の喜多方へ向かうことに・・・

喜多方。
江戸時代、会津若松から見て北の方に位置するところから北方という
呼び名で呼ばれていたそうです。
明治37年(1904年)に磐越西線が北方まで開通したそうで、その折に
駅名を付ける時に、縁起を担ぎ、喜び多き方と願い、
喜多方という名前に新たに改称したそうであります。
IMG_0385.jpg
福島を訪れる。
一人の日本人としてそこは決して避けて通れない場所である
という意識が常々感じていたのではないかと思われる。
正面から果たして向き合えるのだろうか・?
潜在的にいつかは自らの一歩を踏み出さなければという想いを
ずっと持ち続けてはいましたが、今一歩がまだ踏み出せていない
自分がおりました・・・・。
IMG_0393.jpg
今思いますと、海外に出たことが今旅行の背中を
押したように思いました。
バルセロナでの滞在中、ある方に震災の時は大変だったね・・。
今は福島は大丈夫なのかい・・?とふいに訊かれたことがございました・・。
IMG_0395.jpg
福島・・・・
テレビやネット、雑誌等の情報では見聞きしているけれども、
実は実際のところ僕はよく分かっていない・・。
人にそのことについて説明できる人間ではない。
IMG_0396.jpg
当店のお客様で全国のラーメン事情にかなりお詳しいGさんのご紹介で今回
お伺いいたしました喜多方市内にあります
なまえ食堂さんでの平打ち麺と太平洋の海のような
奥行のあるどんぶりの底まで透き通るようなスープが特徴の
自分の五臓六腑にずんずんと染み込むような
実に美味しいふくよかな喜多方ラーメンをいただいていたときに、
僕は今まで福島の状況についていかに無知であったかを
一杯のラーメンを通して
より痛感させられたような思いがいたしました。



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1693-5ee91d47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)