ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



20代からの憧れのお店訪問元赤坂「懐石 辻留」さん パート9

「失礼いたします」との抑揚の利いたお声とともにℹ︎さんの奥様が金箔が施された輪島塗りのお椀をお持ち下さりました。
「汲み上げ湯葉白みそ胡麻餡でございます・・・」
「ありがとうございます。」

Iさんの奥様の落ち着きのある立ち居振る舞い御着物のの着こなし、すべては一朝一夕でできるものではなく
日々の精進の積み重ねからなせるものであると僕のような若輩者が申すまでもないことでございますが。
美味しいお料理以外に、こうした日本の伝統の美しさに触れられることはケではなくハレのための
懐石の持つ重みというのか、日本人がいつまでも忘れてはいけないべきものであるとの想い。
色々身に染みて心洗われる瞬間でありました・・・。


仄かに立ち上る白味噌の香り。
まったりとした湯葉とそれを引き立たせる出過ぎない白味噌胡麻餡の味わい、
そしてそのお味を単調にさせない脇役の柚子の香りと酸味。
バランスよく仕上げられた食後の上品な気分にさせる余韻。
これぞ、辻留の真骨頂と思わせるような素晴らしき一品でございました。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1881-74531bb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)