ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



東北巡礼の旅 ラスト

東北弾丸旅行もいよいよ最後の訪問地を迎えることになりました。
宮城県松島の地へ。
尊敬する松尾芭蕉さんが辿った道中をなぞるような形で訪れたこの旅路。
自分が中学生の頃に国語の教科書で知ることになった松尾芭蕉さんが書いた「奥の細道」
その奥の細道では、今回訪れることになる
松島では芭蕉さんは俳句を書かれておられない。なんでもあまりにも松島が絶景し過ぎて目を奪われて思いの外これといった字句が浮かばなかったということだったとか。

先の震災以来初めて訪れることになりましたこちら宮城県。
町並みを見る限りではかなりの復興を感じることがわかりました。
こちら松島は宮城県で唯一、海岸沿岸部にある街では津波の被害が少なかった街だったそうであります。
湾の浅瀬という特徴と、松島の島々。が津波の影響を
最小限に留めたのだとか。

松島駅から暫く歩いて、松島の島々。が見える展望台のあるところまで小さな山を登ってみることに。
1時間程の山道を登って頂上にある展望台に何とかたどり着きました。
今回の旅ではよく登りました(苦笑)。
曇り空の中ではございましたが、遠くに初めて目にする
松島の島々。が見えました。
テレビで観るものとは違う、生の松島、
感動いたしました。自然の造形美。
その美しさに、30分程立ち尽くした感じだったでしょうか。

帰りに立ち寄りました松島駅前にございます喫茶店キャビンさんの
サイフォンでいれていただきました眼鏡がとても良くお似合いになっていらっしゃるお店の奥様の御心のこもった
温かいコーヒーがたまらないほどの美味しさでございました。
美味しいコーヒーをいただきながら、今旅の出来事をゆっくりと振り返ることができました。

仙台駅に戻り、帰りのバスの時間まで時間があったものですから
駅構内にあります利久さんという牛タン焼き屋さんに立ち寄ら
せていただきました。
この仙台の地で焼きたての美味しい牛タンをいただきながら、当たり前のように
こうして食事が出来る有り難みを深く感じいりました。
東京にいるとわからないことが実際にこうして来てみると
見えてくるものがある。そのことが分かっただけでもこの旅の
意味があったということでしょうか。
このシリーズ終わります。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1916-cc27d31d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)