FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



六本木を訪れて、パート1

KKはその日の夕方六本木にいた。彼にとっては、実に2年ぶりの六本木の訪問でもあった。その日はお昼に水道橋にある東京ドームへ所用があってそれを無事に済ましたあと、総武線飯田橋、南北線六本木一丁目経由で六本木の地に降り立った。六本木一丁目の駅を出ると、そこはすぐにモダンな建物の中にいることを感じさせた。泉屋ガーデンタワー。泉屋というのは、住友グループの昔の屋号。ここは昔は住友会館があったところで、この巨大な建物の中には泉屋博古館という住友グループの財の数々を展示している美術館がある。この泉屋博古館は、京都の東山にも同じ名前の美術館がある。KKが昔料理修行で京都にいた頃に、この泉屋博古館の周辺の森林にて、料理の彩で使う、かえでやイチョウといった葉っぱを取るためによく自転車でそこら周辺を訪れたものであった。東山の哲学の道周辺は、三菱、三井、住友、野村といった旧財閥系のお屋敷が多く建ち並んでいる。そのお屋敷周辺をKKが自転車で通るたびに、日本の懐の深さというか、歴史の重みを否応にも感じざるをえなかった。この六本木にもあるとはねえ、なんか、繋がっているんだね。博古館にも寄ってみたいなと昔のことを思い出して思わず思ったのであるが、この日は行かなければならない場所があったので、時間の関係でこの日は立ち寄れなかった。また、折を見て立ち寄りたいとKKは思った。←クリック

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/193-43da8a59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)