ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



20代からの憧れのお店訪問 元赤坂「懐石 辻留」さん ラスト

お暇前にいただきましたほうじ茶を飲みながら、あ!そう言えば、自分の店にそのままにしておいた
朝方の仕入れに行った魚を早く捌かなければならないことを
思い出し、名残り惜しかったのですがいそいそと帰りの身支度をすることに。
玄関先には既に先ほどおもてなししていただきました仲居さん、iさんの奥様がご挨拶の為、
お待ちになってくださりました。
僕が「大変ご馳走になりました。美味しくいただきました」とお礼を述べますと
突如左側横のお部屋からライオンのような形相をした人物が現れました。
一瞬の出来事でした。
誰だ?
その方が現れるなり、
大きな声で
「ありがとうございました!」との凄いお声が。
僕がその方を食い入るように見て、思わず
「本物だ!」と。
その方こそ辻留さんの御主人辻義一さんでございました。
凄いオーラを発しておられます。
これ程のオーラを間近で感じたのは、小野次郎さんと握手して以来かもしれません。
すげぇ迫力…圧倒される。

一瞬の出会い、それだけで充分でありました。ただただお辞儀をしてその場を立ち去りました。

20代の頃は吉兆さんのような華やかな料理に憧れて。
30代の頃はつじどめさんのようなしみじみとした料理に惹かれて。
今や12冊もの辻留さんの関連の書物を有するようになりました。
僕にとってはベースとなっているお料理。
ようやく本家に伺うことができて安堵。
やっぱりしみじみとした美味しさは僕の性分に合っていることを再確認いたしました。

高校時代以来の訪問の元赤坂にあります豊川稲荷さん。
せっかくなので帰りにちょっと寄らせていただきました。
本家は愛知県豊川市にあり、こちらは分家。
起因されたのは、豊川市出身の大岡忠相公。
南町奉行大岡越前の守さんと呼ばれていた方。
一旗本から大名まで上り詰めたのは、江戸時代ではこの方だけだったそうであります。
江戸時代は大岡さんのお屋敷があった赤坂の一ツ木通り沿いにあったそうでありますが
しばらくしてこの敷地に移られたそうであります。
大岡越前の守さんにちなみ立身出世を願う参拝客の方で賑わっているそうです。


青山通り
三宅坂から渋谷の明治通りまでの間を言う。
江戸時代には厚木街道と呼ばれていたそうであります。五街道に次ぐ主要な街道と1つであったそうであります。
明治時代に入りますと、急速な交通機関の発達により大規模な道路改正計画が公示されるも、日清戦争の影響で計画は頓挫したそうでして。
1904年(明治37年)には市電が青山通りの三宅坂から青山四丁目(現在の外苑前付近)まで開通、明治末には内堀通りから渋谷までが路面電車で結ばれていたそうです。
太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)5月、アメリカ軍による東京大空襲(山の手大空襲)により、赤坂地区(赤坂・青山)は激しく被災、被害率は98.3%にも達する焼け野原となったそうです。
日本の敗戦後の1962年(昭和37年)、「青山通り」の呼び名が正式名称として採用されたそうであります。
。さらに、1964年(昭和39年)の東京オリンピックに向けて大幅な道路の拡張工事が計画され、これが大きなターニングポイントとなり、現在の青山通りの姿に向かうこととなったそうです。
工事の結果、青山通りはそれまでの22mから現在の40mの道路へ拡張が行われ、昭和43年9月29日、長年にわたって、親しまれてきた路面電車(当時、都電)は、青山1丁目~渋谷区間が姿を消し、以後、青山通りは自動車が独占する通りとなっていったそうであります。
青山通りからの眺めもなかなか心地よくて
自らの気持ちを清める手助けをしてくれた感じです。

和菓子のお店赤坂駅に程近い塩野さんにもよらせていただきました。
こちらの御常連のTさんにも前々から美味しいよと言われておりましたが
ようやく伺うことが出来ました。
甘さの加減が程よく後を引く美味しいお菓子でございました。
赤坂の住人の方が羨ましくおもえました。

京都在住時の20代の頃。
休みの日にこの眺めを京津線の車窓から毎週のように見ておりました。
いつも気になっておりました辻留さん。
ようやく伺うことが出来ました。
嬉しかったです。
ようやく次の一歩に進めるように思います。
このシリーズ終わります。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/1940-930b7388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)