ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



銀座ロオジェさん

当店のお客様の福岡のTさんと
お伺いさせていただきました。
二週間の休み明けの
ロオジェさん。
台風なんてなんのその
皆さんエネルギッシュでした。

ダンディな支配人の内堀さん。
優しさ溢れるメイン
ソムリエの中本さんとたくさん楽しくお話しが出来て嬉しかったです。

この日はアラカルトにてのオーダー。
流暢な日本語をお話しになられるシェフのオリビエしぇにょんさん。
ピエールガニエールさんのお弟子さんだけ
あって師匠譲りの芸術的な盛り付けと多彩な調味料をお使いになられる技に思わず唸らされる。

今が旬のスズキの火入れが完璧。
キャビアをこんなにどっさりと。
原価率の高さにもビックリ。
スズキの骨で出汁を取った、ほうれん草で緑に色つけされたヒュメドポワソンの味わいも絶妙。魚を無駄なく全て使い切るその姿勢に感服。またその巧みな扱い方に思わず襟を正された気分になりました。

Tさんがいただかれたドーバーの舌平目のお料理。こちらもいただいて見たかったです。Tさんもスピーディーにペロリと食べられたようでしたので、美味し買ったのでしょう。

こちらは鳩のお料理。
鳩の火の通し加減も完璧な仕上がり。
フランス産の黒イチジクとは、素晴らしいマッチ。これに合わせたブルゴーニュの赤ワインがまた美味しかった。

ジャックボリーシェフさん以来の来店でしたが、前回よりも内装。サービス
が、一段とアップされた印象。
ラグジュアリーな雰囲気に身もココロもとっても満たされました。
おもてなしの美学、深いなぁと感じ入りました。
Tさんありがとうございました。おかげで
素晴らしいひと時を過ごすことが出来ました。

また、妻のいない時に高級店。
このことは、妻には内密に(苦笑),

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/2032-c913ca31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)