FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ちょっと永井荷風さん気取りで パート6

クラシックなどのコンサート会場で有名な東京文化会館を左手に見ながら、上野恩賜公園を後にして、上野駅公園口の前の信号を渡り、鶯谷の方に向かってまたそぞろ歩いた。右手を見ながら歩いていくと、線路の向こう側には、岩倉高校の大きなビル、そしてその隣に見えるのは上野学園のこれまた大きなビル。二つの学校とも近代的なモダンな大きなビルである。いやあ、思わず私立の学校は金があるんだなあと、ちょっと溜息。儲かってんだねえ(笑)都立の学校とはやはりスケールが違うよね。そんなことを思いながら、寛永寺輪王殿入り口まで来て、そこから、右に曲がって上野駅の線路をまたがる橋を渡ってみた。橋の上から上野駅を見る様は壮観である。線路が随分とあるよね。線路がいったいいくつあるのかちょっとためしに数えてみた。列車がいくつか止まってあったが、橋を渡りきるまでにあったのは全部で16本の線路があった。やはり上野駅は凄いよね。ターミナル駅としては東京駅に次ぐ大きさなのだろうね。一日、何万人の人々がこの駅を乗降しているのであろうか。こんな駅を作った人間って凄いよね。上野駅の懐の広さを感じた次第でありました。橋は昭和通りに向かって、降りていくようになっていて、途中、歩きながら一つのビルに若い女性が給湯室のようなところで、プカーと美味しそうにタバコを吸っている光景に出くわした。美味そうに吸っているよね。禁煙の時代だから、あそこで吸うしかないんだろうけれど。若い女性がタバコを吸うのは、個人的にはあまり好きではないのであるが、ま、それは個人の勝手なわけであって、僕があれこれ言える資格はない。橋を降り、その後昭和通りの信号を渡り、浅草の方に向かって歩を進めた

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/214-a3b7dd9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)