FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ちょっと永井荷風さん気取りで パート9

階段を下りながら、下を見ると、入り口付近にいた外人さんのお二人が、僕とは逆に今度は上に上がりはじめた。目を凝らしながらよく観察してみると、お二人は年の功でたぶん40代ぐらいだろうか、僕より年上の感じで、白人のご夫妻のようで、女の人は凄く痩せていて、男の人の方は逆に随分とガタイがよくてずんぐりしていた。ソバージュ風のヘアースタイルをした女の人の方が、髪を揺らしながら先に勢いよく階段を上がってきて、続いて男の人は辺りをきょろきょろ落ち着きのない感じで見ながらゆっくり階段を上がっていた。僕のほうは下に降りながら、色々考えていた。何て、最初挨拶をしたらいいだろうかな。ハーイ!だろうか?それとも、ヘロー!だろうか?やっぱり最初はヘロー!だよなあと思っている矢先に、ついに女の方とちょうど先程手を清めた水場のところで、ばったり顔を合わした。ちょっと緊張していたが、勇気を出して、僕はヘロー!と女性に向かって思わず声を掛けると、女性は、コンニチハ!と声を掛けてくれた。何だよ、日本語かよ!思わず、僕もちょっと拍子が抜けたのだが、女性が非常ににこやかに笑顔を振りまいてくれたので、僕もにこやかに笑い返した。次、何を話したらいいかなあと思って、少し間があった間に、今度は男の人の方がようやく我々のところに上がってきた。僕も男の人にヘロー!とにこやかに声を掛けると、彼もコンニチハ!と日本語で声を掛けてくれた。二人とも日本語かよ。よく出来た夫婦だなあと思って、男性の片手に小さなガイドブックを手にしているのを見つけて、知っている片言の英語で、Is it sightseeing?と尋ねてみると、二人は目を合わせながら、oh,yes ! と大きく声を出して答えてくれた。自分の片言の英語でも通じるとちょっと嬉しいものである。僕もこれで気を良くしたのか調子に乗って、Welcome to Asakusa !と続いて声をだしてみると、女性の方が浅草はエキサイティング何チャラホンチャラと話していた。僕も全部は聞き取れなかったが、浅草は素晴らしい町と言っていることだけは分かった。Where do you come from? と聞いてみると、今度は男性の方がスイスです、と日本語で答えてくれた。このご夫婦なんとなく茶目っ気があって面白い。最後にHave a nice day! と声を出すと、センキュー!ユートゥーと笑顔で手を上げて答えてくれた。そう言うと彼らは上に上がり始め、僕は残りの階段を下って待乳山聖天を後にした。しかしあとで思ったのは、もう少し英語が話せたらなあと言うことである。まあしゃあないよね。現実はあれしか喋れないのだから。折を見て、また英語の勉強でもしましょうか、頑張らないとねえ、そんなことを一人思いながら前方をみると、今戸神社が見えた。ここは僕の好きな神社なんだよねえ。←クリック


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/218-113b5e5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)