FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



驚異ともいえるブラウンGP勢絶好調

フォーミュラ1、通称F1グランプリの今年から新たに参戦したブラウンGPチームが昨日のスペインGPも所属選手のジェンソン・バトン君のポールトゥインの一位、同じくルーヴェンス・バリチェロ君のニ位とやばいくらいの絶好調の見事な成績を残している。昨年まではこのチームはHONDAが率いていたのであるが、いわゆる、急激な不景気によるHONDAのF1撤退によって、HONDAの旧首脳であったイギリス人のロス・ブラウン氏が個人でこのチームを買い取った。今年のチームはエンジンはメルセデスから供給を受け、昨年までのHONDAチームが今まで入賞がやっとだったのをこれまで中国GP以外は全て優勝と、昨年まで常に上位を占めていたフェラーリ、マクラーレン、ルノー、BMWザウバーチームの名前が全然目立たないほどの活躍をしめしている。この様変わりは何だったのだろうね。経営陣、エンジンが変わったことが大きいのであろうが、ドライバーは全く昨年と変わっていないということからも、帰結するところ、悲しいかなHONDAのエンジンは大したことがなかったのかなあととられてしまうかもしれないですね。日本人としては悲しいのであるが、プロスポーツは結果が全てであるので、HONDAの旧レーシングスタッフの人達は、何ともいえない気持ちで、今の状況を眺めているのかもしれない。僕の個人的な解釈であるが、日本の車メーカーの多くが、地球温暖化等の環境問題に対応する車作りにここ近年シフトしてきているために、F1のような、速さを競う今の時代にどちらかと言えば錯誤的なモータースポーツでは、力を発揮しにくくなっているのかなあとちょっと言い訳的な見方で捉えている。日本車として唯一参戦しているトヨタも前期決算で8500億円の歴史的な損失を計上していることからも、たぶん来期はHONDAと同様、F1から撤退するのではないかと思う気がしてならない。日本車を取り巻く環境はかなり厳しいと言わざるを得ない。←クリック

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/227-86faef2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)