FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



イグサのいい匂い…

畳の歴史
中国伝来のものが多いなかで、畳は日本固有の敷物だそうです。
その歴史は「菅畳八重」「皮畳八重」などの記述がある古事記にまでさかのぼるそうです。まだ畳床などはなく、コモなどの敷物を重ねたものと推測されます。現在の畳に似た構造になったのは平安時代になってからなんだとか。
板敷に座具や寝具として置くという使い方で、使う人の身分によって畳の厚さやへりの柄・色が異なッだそうです。

鎌倉時代から室町時代にかけ、書院造が生まれ、部屋全体に畳を敷きつめる使い方に発展したそうです。それまでは高貴な人や客人のもてなしのためのものだったそうですが、建物の床材として利用されるようになったのです。しかしそうした使い方も貴族や武士の富の象徴で、桃山時代さらに江戸時代に至るなかで、数奇屋造や茶道が発展して普及し、徐々に町人の家にも畳が敷かれるようになったそうです。
それでも身分による畳の制限の風習は残り、庶民が使用できるようになったのは江戸時代中期以降になってからだそうで、畳師・畳屋と呼ばれる人々が活躍し、畳干しする家々の光景があちこちで見られるようになったそうです。
202001142318261ad.jpeg

イグサ
湿地や浅い水中に生える植物で、泥に根を下ろしているそうです。
植物としての姿はちょっと変わったもので、先のとがった細い茎ばかりが束になったような姿をしているそうなんだとか。
針のような体毛を持つヤマアラシが頭から泥に突っ込んだように見えるそうです。
実際にはこの針状のものは花茎に当たるそうで、茎は地下茎となっており、泥の中で短く這っているのだとか。
多数の花茎を地上に伸ばし、葉はその基部を包む短い鞘状のものに退化しておるそうでして、外見上はないように見えるそうです。花茎は円柱状で真っすぐに伸びる。緑色で表面には艶があり、すべすべしているのだとか。

202001142318343a5.jpeg

イグサの日本における主な産地は熊本県八代地方だそうです。
国産畳表の8~9割のシェアを誇るそうでして、また歴史的文化財の再生にも使用される高級品を出荷するそうです。他には石川県、岡山県、広島県、高知県、福岡県、佐賀県、大分県でも生産されているそうです。

この記事に対するコメント

親方こんちは

イグサですか、防虫効果もあるみたいです

親方とこは、ミシュランお断りなんですかね?

絶対、覆面調査員来てますよ、知らんけど


【2020/01/15 14:14】 URL | 闘病中のT #-[ 編集]

> 親方こんちは
>
> イグサですか、防虫効果もあるみたいです
>
> 親方とこは、ミシュランお断りなんですかね?
>
> 絶対、覆面調査員来てますよ、知らんけど
大丈夫ですか、那智のTさん。
お大事になさってくださいませ。
年に数回、酒乱な方は、お見えになられてますが…(苦笑)

【2020/01/16 10:22】 URL | こみけん #-[ 編集]

来週、手術します

最後に親方のパプリカムース&パエリア食べたかったです‼︎

【2020/01/16 19:31】 URL | 闘病中のT #-[ 編集]

> 来週、手術します
>
> 最後に親方のパプリカムース&パエリア食べたかったです‼︎
えー大丈夫ですか?!
心配です!
ファイトだーTさん!
負けるな!
【2020/01/20 21:58】 URL | こみけん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/2536-4c37e9bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)