FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



酔っ払いシリーズラスト 夢の向島花柳界パート1

お食事をするためにスーツを着るのはいつ以来であろうか?随分と昔のことになるのかもしれない。大体スーツを着るのも本当に久しぶりである。冠婚葬祭の礼服を着ることは確かに年に何度かはあるけれども、こういう私服的なスーツは幾久しい感じである。普段スーツなど着慣れていないので、TPOに合わせる術を持ち合わせていないこともあり、前の日の夜に年甲斐もなくネットで料亭に行く服装は?と調べて(笑)色々と頭の中にインプットしてから、自分のクローゼットの中にある数少ないスーツの中からどういうスーツを着ていったらよいだろうか、シャツはどういう柄のものがいいのかだとか、ネクタイはやっぱりこういうのはまずいよなあであるとか、ネクタイピンはどこにあったっけ?であるとか色々と悩んでしまって、何をやっても自分の気持ちが本当に落ちつくことがない。そんなこんなで色々と悩んだ挙句、取りあえずこれで良いと思うようなスタイルを決めて、いざ当日の日を迎えることとなった。
本日は自分の人生では2回目の花柳界への訪問の夜である。1度目は自分がまだ20代の半ば頃に京都での修行を終える前に自分が働いていたお店の常連のお客様が僕が東京に帰る前に、あんた頑張ったから、俺がご褒美で祇園に招待してやるよとの粋なお計らいで、祇園の花見小路にあるお茶屋さんに連れて行っていただいたことがありました。生まれて初めて舞妓さんや芸妓さんをまじかに見ることが出来て本当に舞い上がってしまって、その日の夜のひと時は今でも僕の忘れられない想い出の一つになっております。そして本日は当店のお客様である、三味線のお師匠様のT師匠のお招きで生まれて初めての地元向島の夢の夢の「花街」へご招待を受けました。T師匠様のとっても有難い粋なお計らい、心より嬉しく存じます。T師匠が三味線をご教授されております芸者さんが多くいらっしゃる向島料亭「水の登」さんへこの夜お伺いすることに相成りました。この日のために先週買った一張羅の革靴を履いてみる。いやあ、スーツもたまにはいいですねえ(笑)。身がやはり引き締まるものを感じます。さああ、行ってみましょうか。向島の花街まではそんなに距離もないこともありまして歩いていくことにしました。行く道中までの高揚感が自分の頭や胸を締め付けます。向島の花街が近づくにつれ、夜のネオンを見るに従い心臓の高鳴りが強く感じられます。いよいよ「水の登」さんの前まで来ました。いかにも高級感漂う建物。雰囲気があるなあ。普段はたまにお昼にこの前を通ることはありますが、今宵は自分がお客の身であるというとっても光栄な役回り。地面を見れば綺麗に打ち水がされております。ちょっと深呼吸。時計を見ると約束の6時3分前。ドキドキするけれども勇気を出していってみましょうか。扉がやけに重く感じますね。開いた。恐る恐る・・こんばんは・・・・「はーい、ようこそいっらっしゃいませ」←クリック

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/261-62ab6388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)