FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



おばの店閉店。そしてアホな男が一人いました。パート5

JRの津田沼駅に着いたときには、すでに時計も12時35分をまわっていて、電車があるかないかは半信半疑ではありましたが、JRなんだからたぶん1時近くまではきっとあるさという僕のすがるような希望的観測の思いもあって、全身汗だくになりながら、改札まで走り急ぎました。あるあるある、きっとあるという僕の願いは、改札上の電光案内の本日の上り電車は終了しましたという文字を見るなり、儚くも崩れ去りました。やられた・・・・。思わずぐさりとくる一瞬でした。京成もJRも上りが終わるのは早いんだよ。いやあ参りました。こんなに久しいぶりに走ったのにねえ、もう、なぜか笑っちゃいます。頭がおかしくなっております。いやあこれからどうしょう?改札の手前の方を見ると、白タクのオッチャンだろうか、客引きをしております、あんなぼったくりのタクシーに乗る人いるのかねえ?ふうー、さーて、どうしよう?まあ、しょうがありません、しばらくして冷静さを取り戻して、津田沼の駅周辺を歩いてみようという気になりました。はあ、参った・・・ビジネスホテルが近くにあればいいのだけれどと、そんな思いでぶらつきはじめましたが、そのホテルが中々見当たりません。駅前に24時間営業のマクドナルドがありましたが、マックで始発の5時前まで時間をつぶすのもそんな気にもなれません。結局周辺を30分近く歩いたがホテルが見つからず、何を思ったか、たぶん今思えば頭がアホになっていたんだと思う。なぜか津田沼から家まで歩いてみようという気になった。この深夜の信じられないような無謀な試みをしようと思ったのは、たぶん、申告を終えた開放感とほろ酔い加減で頭がラリって、そうさせたんだと思う。そう決めると足取りは早かった。路上の案内の京葉道路という表示をみて、この道路に沿って行けば家に帰れるんだという安易さが後で取り返しのつかないことになるとは、この時点ではつゆほど知らずにいた。←つづく

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/301-b84f17bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)