FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



おばの店閉店。そしてアホな男が一人いました。パート6

真夜中に、歩いたこともない知らない道をただひたすら、携帯の地図と路上にたまに表示される方角を示す案内板を頼りに孤独に歩く様程、心細いことはありません。途中、歩道と車道との距離がないところがあり、そんなところにかなりのスピードで大型のトラックが自分の歩いている横を通り過ぎるたびに、もしかしたら轢かれるのではないかと肝を度々冷やされます。でも一度歩くと決めた以上、前に歩を進めるしか手だてがなくて、まあ轢かれたら、その時は運が無かったと思うしかないと、ある意味開き直りに近い気持ちになる。体力も殊のほかあったのではじめは順調でありました。知らない道でも、何となく冒険心が芽生えていたので、途中で自販機で買ったリプトンのペットボトルのレモンティーを飲みながら、かなり快調に距離を進めて行きました。一応自分の頭の中に千葉の総武線の駅の路線のイメージがありましたので、今はどの辺りを歩いているんだろうと、住所表示の路上の看板を見ながらチェックして、取りあえずは船橋を目指そうと歩を進めて行きました。深夜2時を過ぎたくらいに船橋市街という道路標示が出たときは、お!ついに船橋と、ちょっと嬉しくなり、この勢いなら本八幡まで結構早く行けそうだなあと思いました。歩を進めて行くうちに、上からポツポツと雨粒が降ってまいりました。え!雨かよ。やれやれ、参ったなあ。雨音は前に進んで行くうちにどんどん強くなっていき、傘を持っていなかったので、途中にあったサンクスのコンビニでビニール傘を購入して、また歩を進めて行きました。しばらくすると、花輪インターという場所にぶつかりました。ここは幾重にも道路が立体的に交差しており、かなり複雑な曲線のような道路でありました。路上の看板に矢印で東京方面という表示が出ていたので、それに従って、歩を進めようとしましたが、しかし何と歩いて行くうちに歩道が無くなって、車道だけの道路となりました。おいおい、どうするんだよ、道がないよ。参ったなあ・・・やれやれ。しょうがない、この車道に沿って、違う道を行こうかと思い、そばに通っている道をようやく探し、車道のある道を確認しながら、前に進んでいきました。しばらくこの道を歩いていると雨がどしゃぶりになってきました。おいおいおい、前が見えないじゃないかよ、全く。かなりの大雨です。しかし、ここまで来て歩を止めるわけにも行きません。行くしかないよなあ、いやあ、あ参った。しかしここからが悪夢のクライマックスを迎えることになります。←つづく

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/302-945c039f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)