FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



kk緊張の勝田台

かなりの昔の話になりますが、親父の幼馴染のおじさんが住んでいる千葉県八千代市の勝田台。ここにきたのは確か自分が小学生の終わりの頃であったと思います。あれから30年近くの歳月を経て、再びとある縁あってこうしてまたこの地を訪れることになるとは。本日はうだるような暑さ。京成の電車の中での一時間近くの冷房の効いた極楽な時間から駅に着き、電車の外に出ると、思わずくらっとくるようなもうもうとするしんどい暑さ。この異常な温度差にKKはしばし声が出なかった。久しぶりに着た慣れないスーツ姿のKK。歩いているだけで汗がドット出ます。よりによってこんな暑い時にスーツを着なくていけないとは。でも本日は事情が事情だけに仕方がないわけであります。本日はHJさん宅への初の訪問。なんとも言えない緊張感と暑さで、頭がぼーとしてしまいます。勝田台という街は、碁盤の目のように理路整然とした感じで道が通っていまして、かなり歩いていて、分かりやすい感を覚えます。あらかじめ教えていただいた地図を頼りに、ゆっくりと歩いていっております。しかしこの暑さで自然と日陰を探して歩いてしまいます。ふうう、あちいよう。10数分歩いたでしょうか。ようやくHJさん宅前に着きました。思ってた以上に素晴らしいお宅。緊張の度合いが増します。フウウ・・・。さあて、意を決して行ってみましょうっか。ブザーを押して、こんにちは。「しばらくして入り口のドアが開き、HJさんのお父さん出る。ようこそ、いらっしゃい。さあ、どうぞ中に入って」、緊張の一瞬でありました。HJさんのお父さんとはこれで二度目の顔合わせになります。初対面の時と違って、くだけた感じでしたので、すこしKKの緊張感も和らいだ感じになりました。家の中に入り、玄関で靴を脱ぐと、すぐ二階へ上がる階段があり、HJさんのお父さんに続いて階段を上がり、二階にある居間へと通される。居間にはHJさんのお母さんがおられて、「暑いところ、ようこそと温かな微笑でKKを迎えてくれた」と思わずそれまでの緊張感が和らいだ瞬間でもあった。
二時間近くのHJさん宅の訪問であったが、おもてなしのお礼を言って、家を跡にしたときは、何とも言えない緊張感から開放されて、HJさん宅で飲んだビールの酔いも手伝って、かなりの精神的なほろ酔い加減であった。
暑さも幾分おさまったこともありまして、帰りの駅へ向かう道中は、涼しげな気分さえ感じられました。
家に戻り、スーツを脱ぐと急に睡魔に襲われて、一気に寝てしまいまして、こうしてKKの夏休み初日は終わってしまいました。←クリック

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/334-6866b3df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)