FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



よっぱらいおやじシリーズ 2010 3 「桃太郎」さん

浅草観音裏の「ぬる燗」さんをいい気持ちになって、出たあとに、Iさんのお招きでぶらぶらとほろ酔い気分で今宵もう一軒お伺いすることになりました。浅草は千束通り付近をゆっくりと歩いて見ますと、その一帯には、大小様々な飲食店、小料理屋さんやスナックなどが軒を連ねておられます。どのお店を見ましても、入り口の構いからしまして、ふらっとは入れない、何ともいえない敷居の高さが感じられて、その独自のご常連の皆様の憩いの場になっているように思えます。そのようなお店の一軒に、ここ「桃太郎」さんはございます。
Iさんに続いてお店の中に入ると、そこは懐かしい世界の始まりでございました。
浅草のこの世界の皆様の方々にとりましては、こちらのお店は通称「母処」と言われるそうでありまして、夜10時からの営業という独特の始まりということもありまして、どちらかといいますと、飲食関係のご同業のお客様が多いそうであります。お客様のお目当てがこちらのお店の主でもあるお母様と娘様との絶妙なお仕事ぶりのお二方。
CACF6692.jpg
お母様は御歳85歳だそうであります。それを聞いてただただびっくり!
CA2PFXI9.jpg
娘様からは浅草の粋を教えていただきました。


まだまだ現役でお仕事をなさっているお母様が作ってくださった、鳥の唐揚げや玉子焼きは、本当に感動いたしました。お母様が玉子焼きを焼いている後姿が、僕の今は亡き母親の後姿にどことなく似ている雰囲気が一瞬そのしぐさから感じられまして、またそれが感動をより強くさせていただいたのかもしれません。
CAZ600Q6.jpg
Iさん今宵は、誠にありがとうございました。「もう、よろしいですか?」はい、もう飲めません、かなり飲ませていただきましたね。ヒック!ああヨッパッラッタ・・・←クリック


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/352-8b670687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)