FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



悲しいすっぽん捌き、でも美味しいから許してね ”-”!

すし屋と言いながら、冬場当店で一番人気のあるのはこのすっぽんのコース。
毎年、何十匹とすっぽん君をあの世に送り込んでしまっている仕事とはいえ、
なんとも言えない気持ちの自分ではあります。

生き血が最高なんです、ごめんね・・・・
CA6LZNMD.jpg
いつもながらすっぽん君を捌く時は、何とも言えない心境であります。
CA2ELR46.jpg
生き血、イメージ上良くないため、当店では葡萄のジュースと割って提供させていただいております。
CAIIV6VZ.jpg
すっぽんの肝のお刺身、はっきり行って豚のレバーよりか、美味しいかもしれませんね・・・にんにくとしょうがのお醤油でいただきます。
CA5J5MLH.jpg
焼きすっぽん。立石の名店宇ち多さんのもつ焼きからヒントをいただきました・・・
CAHBJ1ML.jpg
個人的にはすっぽん料理で一番好きなすっぽんの唐揚げ。この味けっこう嵌ります。
CAX7KMFG.jpg
真打登場。すっぽん鍋。この日のすっぽんは広島産。当店ではすっぽんの他には焼きねぎと焼餅だけの自分の修行した京都の「割烹やました」と同じ具材であります。
CAPWSX7Q.jpg
これを食べるために今までの料理があるのだという〆のおじや。卵と刻みねぎだけのシンプルな味付けに
しております。
CA9X4L83.jpg
お魚と違ってすっぽんには捌く時、その愛くるしい姿を見るとどうしても情というものが自然と湧いてきます。
捌く時は、いつも、ごめんねという言葉が出てきます。美味しく調理することがせめての彼ら、彼女らへの供養に
なるのでしょうか・・・←クリック

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/381-bcdc7261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)