FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



お正月の遊び、素朴な疑問シリーズ 1 なぜ羽根つきをするの?

「もういくつ寝ると、お正月。お正月には凧あげて、コマを廻して
遊びましょう」という歌がありますが、昔からの疑問で、なんで
お正月になりますと、羽根つきをしたり、コマをまわしたり、
凧揚げをしたり、カルタをするのでしょゆか?この際だから
調べてみました。今回は「羽根つき」

羽根つきは、もともとゲームというより「おまじない」に近いものだったそうです。
羽根つきに使う「羽根」の真ん中についている黒い玉、
あれは「ムクロジ」という木の種だそうで、ムクロジの実は昔せっけんの代わりに使う大切な木だったそうであります。
mukuroji2.jpg
mukuroji3.jpg
mukuroji4.jpg
mukuroji5.jpg


せっけんはものをきれいにします。病気も予防します。漢字で書くと「無患子」というように書くそうです。
昔は今ほど医療が発達していませんでしたので、たくさんの子どもが病気で死んでいました。
大切な子どもが病気にならないように、子どもたちの長命を願って羽根を突き合うのが「羽根つき」の始まり。
スポーツではないので、あんまり飛びすぎると長く続けるのが難しいですからあれぐらいの遊びなんだとか。
江戸時代には、武家が女児の誕生を祝って羽子板を贈答するようになったそうでありまして。またこれが庶民にも伝わり、女児のいる家庭に縁起物の歳暮として年の暮れに贈られるようになったそうです。このことが正月に羽根突きが行われることの由来となっているそうであります。また、打ちそこなった場合は失点とされ、顔に墨でバツ印などの落書きをされる罰が与えられますね。墨を塗る行為も元は縁起行為であり、墨には厄除けや殺菌効果としての病気除けの効果があると考えられていたそうであります。
「今年も元気で過ごせるように」という縁起物という意味合いが込められているそうな。
なるほど、物事には何事もそれなりに意味があるんですね。勉強になりました。←クリック


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/398-98bc75be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)