FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



鮎の一夜干し

本日は和歌山県の紀ノ川の鮎を安く仕入れることができまして、
このところの塩焼き尽くしにもちょっと飽きてしまった部分も
ありましたので、久しぶりに鮎の一夜干しを作ってみました。
ちょっと小ぶりの紀ノ川の鮎。
CADA5GZH.jpg
背開きするにもちょっと苦労しましたが、中のわたはうるかにして
僕の夜のおかずに・・・結構なお味でした・・・・
開いたものは立て塩(海水と同じ濃度の塩水)に20分ほど漬け込みます。
CARV26YC.jpg
漬け込みすぎると塩辛っくなりますので、ここがポイントで注意しなければ
なりませんね。20分経ちましたら、ざるにあけて、よく水分を切ります。
CA7D4QE8.jpg
次に大きなざるに重ならないように並べていきます。
これを天日で約6時間ぐらい干します。
途中3時間経ちましたらひっくりかえします。
CAOBZQA7.jpg
6時間ぐらい経ちますとちょうどいい塩梅になるでしょうか。
CAK84YGF.jpg
塩焼きと違いまして、さっと炙ればすぐ火が通りますので
それでいて品の良いお味で、個人的には鰺の干物よりも
好きな感じではありますね。塩の具合もグッドでありました。




昨日の問題分かりましたでしょうか?










CAC5FZ1J.jpg
正解はヤモリ君でした・・・
毎年今の時期から夏場にかけて、柳周辺にどこからともなく
出没します。
結構かわいいものがありますね・・・
仕事柄ペットを飼えないので、こういう不意の珍客君の訪問は
ほのぼのとして気持ちを和ませてくれますね・・・←クリック

この記事に対するコメント

鮎の一夜干し…先般、京都は先斗町の割烹でいただいてきたばかりです。
そちらでは、鮎の風味がちゃんと残るように、焼くときにウルカを塗ってから炙るのだそうで、香ばしさも風味も上品な上に、鮎らしい野趣もしっかりあって、なかなか素晴らしい酒肴でありました。
コミケンさんの写真をみていたら、また食べたくなってしまいました。
【2011/06/30 14:25】 URL | 染屋 京 #-[ 編集]

ヤモリくん、可愛いですね!
【2011/07/01 01:25】 URL | コーリン #mQop/nM.[ 編集]

> 鮎の一夜干し…先般、京都は先斗町の割烹でいただいてきたばかりです。
> そちらでは、鮎の風味がちゃんと残るように、焼くときにウルカを塗ってから炙るのだそうで、香ばしさも風味も上品な上に、鮎らしい野趣もしっかりあって、なかなか素晴らしい酒肴でありました。
> コミケンさんの写真をみていたら、また食べたくなってしまいました。
染谷さんコメントありがとうございます。
なるほど、うるかをぬるかをぬるとは・・・さすがですね・・・素晴らしい!
勉強になりますね。今度やってみよう・・・(笑)
【2011/07/01 06:38】 URL | こみけん #-[ 編集]

コーリンさんコメントありがとうございます。
たまに出るんですよ(笑)
家守と漢字で書くくらいですから
家を守ってくれているのかなって・・・
【2011/07/01 06:43】 URL | こみけん #-[ 編集]

> > 鮎の一夜干し…先般、京都は先斗町の割烹でいただいてきたばかりです。
> > そちらでは、鮎の風味がちゃんと残るように、焼くときにウルカを塗ってから炙るのだそうで、香ばしさも風味も上品な上に、鮎らしい野趣もしっかりあって、なかなか素晴らしい酒肴でありました。
> > コミケンさんの写真をみていたら、また食べたくなってしまいました。
> 染谷さんコメントありがとうございます。
> なるほど、うるかをぬるとは・・・その発想はやはりさすがですね・・・素晴らしい!
> 勉強になりますね。今度やってみよう・・・(笑)
【2011/07/01 10:13】 URL | こみけん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/530-a3051906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)