FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



千曲川天然子持の鮎

千曲川。
長野県側を流れるのが全長214キロメートルの千曲川。そして新潟県側に流れるのが全長153キロメートルの信濃川と県を境にして川の呼び名が変わります。
ただし河川法上では千曲川と信濃川は合わさって規定されておるらしく、信濃川として
全長367キロメートルの日本で一番長い川と定義されております。
千曲川といえば、この川が流れる小諸辺りの風景画が情景として浮かびます。
3576afcce0b1da407e2c84f2414838c9.jpg

島崎藤村さんもこの地を巡り、千曲川旅情の詩という素晴らしい詩を残されております。

本日は千曲川の天然の子持の鮎が入荷いたしました。
CA92S6HU.jpg
秋もますます深まり、鮎も次の子孫を残そうと、身に卵をはらんでおりまして、
それを食べるのも何とも言えないものがございますが、やはり人間の欲には
勝てないもので、この子持の鮎ならではの、旨さに口元が思わず緩んで
しまいます。美味しく食べてあげることがせめてもの罪滅ぼしということ
でしょうか。稚鮎に始まった今年の鮎のシーズンもいよいよ最後の子持の鮎へと
最終章であります。←クリック

この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/09/24 00:59】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/612-78c81c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)