FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



本日も酔っ払わないおやじシリーズ「銀座八丁目 カフェドランブルさん」、「南千住山谷 自家焙煎珈琲バッハさん」 パート1

ブログをやっていなかったら、一日に三軒も珈琲屋さんに行くこともなかったことでしょうね。
罪なブログです。(苦笑)先日の赤坂巡りの道中、「コヒアアラビカさん」に寄った帰りに
どうしても味の比較をしたいがために、その勢いで都内にあります珈琲専門店の名店の二つ。
銀座八丁目にあります「カフェドランブルさん」と、南千住の山谷にあります「自家焙煎珈琲
バッハさん」に寄ってしまったあほな男がいました。どのお店も凄すぎるお店なので、比較
すること事態が、今思えばバカなお話なんですが、その日は珈琲修験道のような気持ちで
行ってまいりました。
ほぼ新橋と言っても良い銀座のはじっこにはります「カフェドランブル」さん。
実に8年ぶりになるでしょうか。ここは当時よくお見えになられたお客様のMさんに
連れられてお伺いいたしました珈琲通の方なら知らない方はいらっしゃらないくらい
の珈琲マニア垂涎の珈琲専門店のお店でございます。
出で立ちは全く八年前と変わっておられませんね。
看板に珈琲だけのお店と書いておりますが、一応自家製の珈琲ジェリーとプリンは
ありますので。
中に入りますと、古きよき佇まいの、何となく山小屋風の感じがする珈琲通の方々を
くすぐるような雰囲気。お店の入り口には珈琲の豆を焙煎するスペースがあります。
これをじっと眺めるだけでも素敵な気持ちになります。
このお店のご主人のいちろうさんもまだまだご健在で、この日はテーブル席でご常連の
お客様と珈琲談義をされていました。僕はカウンター席に案内されて腰掛けました。カウンター
に座るのはこの日が初めてで、前回はテーブル席でしたので、かなり年季の入ったゆるいカーブの
かかったカウンターが時代を感じさせます。
CAZPLXVQ.jpg
調理場では男性が二人に女性の方が一人と、皆さんとっても笑顔が素敵な方々でほっと
するものを感じます。珈琲を入れてくださる年配の男性の方に、実は僕は墨田区で
東駒形でこちらで修行された最近行きつけの「カフェスタイルコジロウ」さんのご主人の紹介でお伺い
しましたと、言いますと、「ああそうですか、そういえば先週、K君(コジロウさんのご主人)来ましたよ」とおっしゃられて、
「へええ、さすが、ご主人だなあ」とお互いにKさん談義で華が咲いてしまいました。
CAQFQJOJ.jpg
この日は、男性がテーブルに座っておられるご主人のいちろうさんに、こちらの方、Kくんのご常連さんだ
そうで、わざわざ来てくれたみたいですよ、と言ってくださって、ご主人のいちろうさんが」「ああそうですか、
今後とも宜しくおねがいしますね」と丁重なご挨拶をしていただきました。すごい貫禄のあるお父さんで
あります、はい。
この日はモカマタリを飲もうとしたのですが、深煎りはないそうで、深煎りがお好きなら、エチオピアが
ありますとのことで、エチオピアをお頼みいたしました。
珈琲の入れ方は、コジロウさんのご主人と全く一緒で、若干コジロウサンのご主人の方がゆっくりめ
でしょうか。一滴一滴、ポットからお湯を垂らすように入れてゆく独特の珈琲の入れ方にじっと
目が奪われます。
お味はまさにアフリカの大地を思わす感じがいたしました。程よい酸味が口の中を引き締めますね。
お値段ちょっと安くしていただいたみたいで、本当に申し訳ありませんでした。Kさんにお礼にいかないと。
銀座の珈琲の好きな方がふらっと来て、今日の気分で、自分の飲みたい珈琲を選んで、さっと飲んで
さっと帰るみたいな、気軽な雰囲気がこちらのカフェドランブルさんにはございます。
僕も近くにあったら、毎週お伺いしたいなあと思えるような素敵な雰囲気のカフェドランブルさんでした。
つづく←クリック


この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/10/08 01:32】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/621-6caa3e57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)