FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



アオヤギの魔力

いつも海の中で二枚貝の口をぽかんと開けているばか貝。
ばか貝という名前が正式な名前であります、アオヤギ。
そのアオヤギがここへ来て身の厚みがふっくらしてきまして
美味しい季節になってきました。
江戸の頃より東京湾の
今の千葉県市原市青柳町でよく獲れたために、ばか貝では
ちょっと鮨種表示で都合が悪いので、通称アオヤギという名前で
この貝のことを呼ぶようになったそうであります。
今でも数は少なくなってきましたが、江戸前ものも千葉県富津あたりで
獲れておりますが、このアオヤギ、そのアオヤギ独特の風味が好きな江戸前寿司ファン
は結構多くて、僕もその一人であります。アオヤギの貝の開け閉め蝶番役の小柱は
天婦羅屋さんでは掻き揚げの素材として欠かせないもので、アオヤギには大きいのと
小さいのと二つの柱が付いておりまして、中でもその大きい柱だけを集めた大星と言われます
小柱はかなりの高価なお値段で取引されております。
小柱はよく食べられるのだそうですが、身のアオヤギの方は、実は関西方面ではあまり
食べられないというお話をよく当店にお見えになられる京都、大阪のお客様のお話から
耳にすることがあります。今は東京のお鮨屋さんで修行された鮨職人さんが京都や大阪など
で店を開いて、江戸前鮨のネタでありますアオヤギを置くお店も増えていったことだと
思いますが、僕が確かに京都にいました頃に10軒近くのお鮨屋さんを巡った所、大阪の
ある鮨屋さん一軒以外はアオヤギを扱うお店は確かになかった感じでありました。
愛知県や三重県、瀬戸内あたりでも獲れます美味しいアオヤギを何で関西の方はあまり
食べられないのかは実のところはわかりませんが、おかげで関西のアオヤギの好きな
お客様が、東京に来ると、食いだめだ!というばかりにアオヤギや、これまた鮨種としては
少ないらしい煮はまぐりを沢山召し上がれてお帰りになられます。
アオヤギという貝は確かに値は安いですけれど、不思議な魔力があります。←クリック

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/646-d7d03146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)