FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



山は富士、海苔は有明海一番海苔

先日お見えになられましたあるお客様から「ご主人、有明海一番海苔という海苔を
ご存知ですか?」と訊かれまして、その名前とその存在はうっすらとですが、知って
いたんですが、僕の中では海苔という物自体には、すっかり父の代から頼りにして
おります、大森にあります海苔屋さんに全てまかせっきりでしたので、今回改めて
その凄い海苔のことについて調べてみました。
@日本一の生産量を誇ります佐賀県有明海のスサビ海苔。

浅草海苔という江戸時代の頃より、今の江戸川区葛西のあたりで採れた海苔を
加工して、消費地であります、江戸の町の中でも浅草が、隅田川の改修などにより、
市や門前町として発展して、そこで海苔が売られまして、それが江戸中で評判に
なりまして、いつの日かその海苔のことを浅草海苔という呼び名になったそうであります。
浅草海苔はアマノリ属の一種でして、その栽培には、病気に弱いという難点がござい
まして、今は浅草海苔はほとんど栽培されておらず、その代わりに、病気にも強い
スサビ海苔という海苔が板海苔の主流になったそうであります。綺麗な海で、静かな入り江
になっているところでないと、海苔栽培ですが、戦後東京湾の海の水質汚染が顕著になってから
海苔栽培も次第に減っていき国内の海苔の主流生産地が、瀬戸内海地域や、佐賀県の
有明海のほうに移るようになってきたそうであります。
下記が有明海の位置図です。
240px-Ariake-kai.jpg
有明海で採れます板海苔は日本全国の4割のシェアを有しているそうであります。
しかし、2,000年に入り、長崎県諫早地区で毎年この地特有の集中豪雨の被害で農業従事者
を守るために行われた諫早湾干拓事業が施工された影響で、赤潮という新たな問題が噴出して、
たいらがいの死滅、スサビ海苔の色落ちなど、かなりの環境悪化が見られるように
なったそうであります。
IMGP50~1
佐賀県有明での海苔栽培風景

有明海で採れますスサビ海苔の中で1万匹の中でも1,2匹と言われます鮭の鮭児のごとく
スサビ海苔の中でも1千枚の中でも1,2枚といわれます、最高品質のスサビ海苔
「有明海一番」という海苔があるそうであります。
saganoriariakekaiitibannsyuppin.jpg
この有明海一番海苔、なんと入札価格が一枚につき300円。ということは
小売だと一枚500円ぐらい付くのでしょうか?
とにかくこの有明海一番海苔、海苔の風味が、全くの別次元の海苔だそうであります。
まだ実際に手にしたことはございませんが、もし取引先の海苔屋さんに訊いて、
手に入りましたら、またブログにてご紹介したいなあと思います。←クリック

この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/11/07 08:46】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/657-6c86c2e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)