FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



まだまだ美味しい青森の寒平目

二月の半ばごろになりまして、今のこの時期鮨屋で使う白身魚の代表格は、
やはり青森県産の平目。
多少、体内の卵、あるいは白子の大きさが徐々に大きくなってまいりましたが、
まだまだ身肉の大きさはたっぷりあり、旨みも充分ある感じでありますね。
CABXE2TJ.jpg
通常は深さ100mから200mの海底に生息し、春から夏にかけて沿岸の荒磯や岩礁域に寄り産卵するヒラメ科の魚で、
旬は11月から2月にかけて・・
1987年、青森県のシンボルとして高級食材「ひらめ」が県の魚に制定されました。青森県の天然ひらめは、日本一の水揚げ高だそうでして、漁業者と関係機関のたゆまぬ努力により、つくり育てる漁業を推進した結果、平成7年からは4年連続漁獲高日本一となったそうであります。年間、約300万尾の稚魚を放流し、次世代のために35cm未満のひらめを取らないようにする。漁業者のそのひらめに対する愛情が青森を日本一の平目漁業の県としたわけでもあります。
美味しい食べ方としましては
主に薄つくり、握りでは昆布締めにもします。大型のヒラメは切身にして、バター焼き、ムニエル、グラタンなどの西洋料理に使われます。ひれの部分は「えんがわ」と称し珍重されています。
またヒラメのあらは潮汁にしますと、絶品この上ない旨さを発揮いたします。
栄養成分は、たんぱく質、ビタミンD、が期待され、脂肪が少ないのも特徴で、
旨み成分のイノシン酸やグルタミン酸が豊富に含まれているのが特徴の
お魚でもあります。←クリック

この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/02/12 10:50】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/754-deba69fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)