FC2ブログ
ご機嫌いかがですか?
いま、そのときに思っていること、感じたことを、述べたらなと思う次第であります。

プロフィール

こみけん

Author:こみけん
FC2ブログへようこそ!



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



祭りのあと

先日の土、日と僕の地元にあります氏神様であります
白鬚神社ではお祭りが
例のごとく執り行われました。
先月に行われました浅草の三社祭りほどの盛大な盛り上がりこそ
ございませんが、地元なりの華やいだ雰囲気で無事に終わった
次第であります。個人的に僕とお祭りとの関わりは高校時代で
終わってしまったように思えます。
今でも寄付金という形でこそ、店としては地元のお祭りとの
関わりはございますが、個人的には主体的にお祭りを楽しむ
という触れ合いは残念ながら、17歳を境に終わりを告げてしまい
ました。
CA9MVP2Z.jpg
大学時代は4年間バイトに明け暮れて、お祭りとは無縁でありましたし、
社会人になっても、仕事中心の生活となり、京都にいたときも、
祇園祭や大文字の送り火などのイベント時は、それこそ店のかきいれどきで
したので、一度も京都にいながら見に行ったこともなくて、
終わったあとのテレビのニュースなどで、眺めるだけでありました。
東京に戻った後も、地元のお祭りも、仕事があるため、20代の頃はそれこそ
体力が有り余っていましたので、お神輿を担ぎたいなあという思いでかなり
うずうずしていた時分も正直ございましたが、残念ながら仕事があるため、
いつもながら店の中にいるばかりで、かなり自分の仕事を呪ったことも
ございました。最近はさすがにだいぶ歳をとってしまいましたので、
神輿を担ぎたいという思いは、なくなりましたが、まあ
この仕事に就いた以上は、そういうものなんだと割り切れるように
なれました。
CA8JBKLH.jpg
個人的には、祭りというと、仕事が月曜日が定休日なので、
お祭りの終わった後の風景を眺めることが多くなります。
京都にいたときも、地元お祭りも、祭りの後の片付ける
人たちの作業を遠くでじっと眺めることが、僕の祭りの
捉え方になっている感じであります。
余韻が立ち込める神社、それは厳かだけれども、何となく
ざわめきもまだちらほらと見られ、次第にいつもの静かさへと
向かっていくような・・・。
この他の方が味わえないお祭りのあとの切ない雰囲気が
、なんとも最近は好きだなあと思うようになりました。←クリック


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://maguro39.blog123.fc2.com/tb.php/867-89a65aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【祭りのあと】

先日の土、日と僕の地元にあります氏神様であります白鬚神社ではお祭りが例のごとく執り行われました。先月に行われました浅草の三社祭りほどの盛大な盛り上がりこそございませんが、地元なりの華やいだ雰囲気で無事に終わった次第であります。個人的に僕とお祭りとの関わ... まとめwoネタ速neo【2012/06/08 05:52】